全身ダイエット効果もあり!太ももを鍛えて細くする方法

太ももを細くしたいけど、色々なダイエット方法があってどれがいいのかわからない。そんな悩みを持っていませんか?

 

全身ダイエット効果もあり!太ももを鍛えて細くする方法

 


筋肉を鍛えてあげると、細さはもちろんのこと綺麗な脚のラインを手に入れることができます。
特におすすめなのが、太ももの内側を鍛えるトレーニングです。
太ももダイエットの正しい方法を紹介するので、参考にしてみてください。

 

 

太ももを細くしたいなら内転筋を鍛えよう!


内転筋は、太ももの内側に位置する筋肉です。
足を交差したり、内側に閉じるときに動く筋肉で、骨盤にもつながっています。
そのため、内転筋が衰えてしまうと骨盤が動きやすくなり、ねじれたり歪んでしまいます。

骨盤が歪むと、体のバランスをとるために太ももの外側が発達してしまい、無駄に足が太くなってしまう可能性が高いです。
そのため、内転筋を鍛えれば骨盤の位置が整い、下半身がむくみにくい体質になります。
また、内側がキュッと引き締まるので、憧れの太ももの隙間も作ることができますよ。
座ったときに自然に足が開いてしまう方は、内転筋が衰えてしまっているので、エクササイズで鍛えていきましょう。

 

 

太もも痩せに効く!内転筋の鍛え方


内転筋を鍛えるには、内ももを挟むエクササイズがおすすめです。
とても簡単なので、どこでも行うことができます!
① 姿勢を正して立ち、こぶし1つ分を開けて足を開いてください。
② 膝の間にタオルを挟み、落ちないように太ももの内側に力を入れます。このとき、膝が内側を向かないように注意です!
③ 腹筋に力を入れて背筋を伸ばし、耐えられるところまでそのポーズをキープします。
座った状態でもできるので、仕事をしながらでもOKです。
内転筋が衰えている方は、かなりきつく感じてしまいますが、徐々に秒数を増やせるように頑張りましょう。

太ももだけでなく、全身を鍛えることができる「ワイドスクワット」も効果的です。
① 肩幅の2倍ほどに足を開き、つま先を外側に向けます。
② 腰に手を添えて、太ももとお尻、床が平行になるまで腰を落とします。このとき、反り腰にならないように気を付けてください。
10回3セットを目安に行ってください。
スクワットの運動効果は非常に高いといわれているので、正しいフォームで行えば成果が期待できますよ。

 

 

太ももを鍛えるメリットはたくさん!


脚が細くなるのはもちろんですが、他にも意外なメリットがたくさんあります。
1つ目はO脚の改善です。日本人にはO脚が多いといわれていますが、これは筋肉のバランスと骨の歪みが原因になっています。
内転筋を鍛えることで、徐々に膝がくっつくようになりますよ。

2つ目は便秘解消効果です。すでに説明したように、内転筋が衰えることで骨盤の歪みが生じます。
骨盤が歪むと、内臓が下垂して下腹がポッコリしてしまい、腸を圧迫して便秘になることがあります。
筋肉を鍛えることで骨盤が正しい位置に戻り、内臓が引きあがることで便秘解消にも効果が期待できます。

最後に、全身のダイエット効果です。
太ももの筋肉は、下半身にある中でも大きな筋肉になります。
その筋肉が鍛えられることで基礎代謝がアップするので、結果的に全身のダイエットにもつながります。

 

 

まとめ


太ももダイエットはいかがでしたか?
内転筋にポイントを絞ることで、より効率的に脚痩せを実現することができます。
エクササイズをすればするだけ成果が上がりやすくなるので、期間を決めてしっかりとメニューを組んでみましょう。
座っているときに足を閉じるように意識するだけでもかなり効果があるので、日常生活に取り入れて美しい太ももゲットしてください!