太ももの付け根や気になる!太もも内側のダイエット

太ももの付け根の太さが気になる!他は痩せてきたのに、どうしても太ももの付け根だけ効果が出ない!
一体どうして同じ太ももでも、場所によって差が出てしまうのでしょうか?

 

太ももの付け根や気になる!太もも内側のダイエット

 


極端に太ももの上部が太い場合は、大転子の出っ張りが影響している可能性があります。
そこで今回は、足の内側をスッキリさせる方法を紹介します。

 

 

太もものつけ根が太い原因は?


太ももの付け根を触ってみてください。
脂肪だけではなく、骨の出っ張りを感じたのであれば、大転子と呼ばれる骨が本来の位置よりも外側に出てしまっています。
大転子が歪んでしまうと、太ももが太くなるだけではなく、お尻も大きくなってしまいます。
放っておくと、下半身がドンドン太ってしまいますよ。

・つま先に重心がある
・足をよく組む
・胡坐をかく
・がに股で歩いている
などのクセがある方は、骨盤が歪みやすくなっています。
大転子はこの骨盤の歪みに引きずられて動いてしまうので、ゆがみを解消することが大切になってきます。
大転子が本来の位置からずれると、バランスをとるために本来であれば使わない筋肉が動き、余計な筋肉がついてしまいます。
また下半身の血流が悪くなるため、むくみやすくなってしまい、最終的に脂肪がたまりやすい体質へと変化して、太ももが太くなってしまうということにつながります。

 

 

骨盤矯正で太もものつけ根を細くする!


そういった理由から、効率的に太ももの付け根を細くするには、骨盤の歪みを正して大転子を元の位置に戻してあげる必要があります。
まずは歩き方を見直し、重心を調整して骨の歪みを修正します。
歩く際には、腹筋に力を入れて、下腹部を上に引き上げるようなイメージでキープします。
かかとからつま先に重心が移動するように着地し、足裏全体で歩くように意識をしてください。
毎日の歩き方を直せば、自然と骨が正しい位置に戻っていきますよ!

 

 

太ももの内側のエクササイズ


シンプルながらもおすすめなのは、膝をくっつけるエクササイズです。
① 丸太状にしたタオルを用意します。
② 背筋を伸ばして立ち、脚をぴったりとつけます。
③ 脚の付け根にタオルを挟み、落ちないように内ももで押し合い30秒キープしてください。
④ 膝上にタオルの位置を下げ、同様に押し合いをしてください。
内転筋が衰えている方は、これだけでも筋肉が刺激されているのを感じます。
時間がキツイ方は、できる秒数から初めて徐々に増やしていくと、無理なく続けることができます。

もう少し負荷のあるエクササイズは、寝転んで行う内容になっています。
① 横向きに寝転がり、右腕に頭をのせます。左手は、体を支えるために床につけてください。
② 左足を前に出し、膝を90度に曲げます。
③ 右のかかとを上に持ち上げ、空気を押すようなイメージで内ももに力を入れてください。
④ 20秒キープをしたらOKです。逆も同様に行ってください。
1日に3セット行えば、内側の太ももへの効果が期待できます。
エクササイズの後には、筋肉に疲れが残らないように、マッサージをして筋肉をほぐしてあげてくださいね。

 

 

まとめ


太ももの付け根の太さが変わらない原因は、大転子だということが分かりましたね。
下半身太りに悩んでいる方は、骨盤や大転子の位置を確認して、歪みチェックを行いましょう。
わざわざ整体に行かなくてもセルフケアで解消できるので、まずは1度試してみてください。
これらの歪みが解消することで、ダイエット効果はもちろんのこと、冷えや肩こり、肌トラブルなどの症状にも効果があるので、健康的な美脚を目指してダイエットにチャレンジしてくださいね!