内側に隙間をつくる!太もも痩せの方法とは

太ももが太いわけではないけど、なぜか内側に隙間ができない.....。
そんな悩みを持った経験はありませんか?
太ももの内側がキュッと締まっていると、ピタッとしたパンツもきれいに履きこなすことができますよね。

 

内側に隙間をつくる!太もも痩せの方法とは

 


では、内側を効率的に引き締めるには、どういったダイエット方法があるのでしょうか。
今回は太ももの内側にフォーカスをして、脚痩せについて紹介します!

 

 

太もも内側の筋肉を鍛える


脚が細いといっても、筋肉のつき方により見た目がかなり変動します。
椅子に座ったとき自然と脚が開いている、脚がO脚になっているという方は、内ももにある内転筋が衰えてしまっている可能性があります。
内転筋は骨盤と足をつなぐ筋肉になっていて、この筋肉とももの外側の筋肉のバランスが、美脚のポイントになってきます。

 

 

日常生活で太ももの内側を使う!


内転筋が衰えている人は、日常生活においてほとんど太ももの内側の筋肉を使うことがありません。
そのため、少し意識をして筋肉を使ってあげることで、比較的成果が出しやすいです。

まずは歩き方を変えてみましょう。
いつも歩幅が小さいという方は、足を大きく出し歩幅を広くとってみてください。
股関節からしっかりと太ももを前に出せば、内ももが刺激されているのを感じるかと思います。

次に座っているときには、膝を閉じてあげるようにしましょう。
脚をよく組むという方は、骨盤の歪みの原因にもなるのですぐにやめてください。
膝をぴったりとつけていると見た目もきれいですが、これだけでかなり内ももの筋肉を使います。
気がつくと開いてしまうと思うので、慣れるまでは脚の間にペットボトルやクッションを挟んでみてください。
オフィスでも試したい!という方は、100円玉などのコインを挟めば、こっそりと内ももを鍛えることができますよ。

 

 

太ももの内側を鍛えるエクササイズ

 


まずはストレッチを行い、内ももに刺激を与えていきます。
① 足裏を合わせて胡坐のような状態で座ります。
② 足首を持ち、上体を倒してください。背中が丸くならないようにするのがポイントです。
③ 肘で内ももを押します。
腹式呼吸をしながらゆっくりと呼吸をしてあげてくださいね。

次に内ももをもう一段階伸ばすストレッチを紹介します。
① 両足を大きく開いて立ってください。
② 片方の膝を曲げながら腰を落とします。
③ 元に戻り、逆側も伸ばしてください。
内ももの筋肉が伸びていることを感じながら、ゆっくりと動くようにしてください。
背中が丸まってしまわないように、鏡で姿勢をチェックするのがおすすめです。

太もものエクササイズといえばスクワット!
基本のスクワットから少しフォームを変えるだけで、より内ももにしっかりとアプローチできるようになります。
① 両足を肩幅よりも広めに開き、つま先を外側に向けてください。
② 両手を胸の前で重ねて、息を吸いながら膝を90度に曲げます。このとき、同時に右のかかとを上げてください。
③ 息を吐きながら元の姿勢に戻ります。
④ 同じように膝を曲げ、左のかかとを上げます。
このサイクルを5回繰り返し、1日に2セットおこなってください。
上体が前に傾かないように、腹筋にしっかりと力を入れて姿勢を正します。
また、膝を曲げる際には、お皿が外側を向くように意識をするのがポイントです。

 

 

 

まとめ


鍛えるのが難しそうなイメージがありましたが、少し意識をしてあげるだけで太ももの内側をスッキリさせることができます。
短期間で効果を出すにはスクワットが1番おすすめですが、きつすぎて続かないかもしれないと不安になることもありますよね。
そんな時は、歩き方や座り方などの日常生活に取り入れやすい内容から初めて、徐々に負荷をかけていくようにしましょう!