歩くだけで太ももが細く!?ウォーキングダイエットのコツ

脂肪燃焼効果が高いウォーキングは、歩いているだけで太もものダイエット効果が期待できます。
しかし、ウォーキングのやり方が間違っていると、逆に太くなってしまったり全く細くならなかったりとマイナス面もあります。

 

歩くだけで太ももが細く!?ウォーキングダイエットのコツ


では、ウォークングでダイエットする場合、どういうやり方で行えば、太ももに効果があるのでしょうか?

 

 

ウォーキングが太ももダイエットに効く理由


一般的にウォーキングがダイエットに効果的と言われるのはなぜなのでしょうか?
ウォーキングは全身運動になっていて、運動の強度がそれほど高くない有酸素運動です。
足裏から刺激を受けることで血行が促進され、しっかりと筋肉を使えればそれだけでも脂肪を燃焼できます。
下半身には全身の筋肉の7割が集まっているといわれているので、意識をして動かせば成果が出やすいのです。

 

 

ウォーキングで脚が太くなるってほんと?


本来はウォーキングを行うことで脚が細くなるはずです。
それなのに逆に脚が太くなってしまった、という方は、歩き方に問題がある場合がほとんどです。
間違った姿勢で歩くことで、太ももの外側などに体重がかかり、使わなくても良い筋肉に負荷がかかってしまいます。
その結果、筋肉が張り出してしまい、脚が太くなっていきます。

・太ももの筋肉が張っている
・歩くとペタペタと音がする
などに心当たりがある場合は、歩き方が間違っています。
正しい方法で歩かないと、骨盤のゆがみにもつながってしまい、太ももの血流が悪く老廃物がたまりむくみがちな脚になってしまいます。
そうなるとセルライトができてしまう可能性が高くなってしまいます。
このように、正しい歩き方をしないだけで、様々なマイナス面があるのです。

 

 

正しいウォーキングの方法を身につけよう


正しいウォーキングを身につけるには、まずは姿勢からチェックしていきましょう。
頭から上に引っ張られているようなイメージで、体の中心に重心を持っていきます。
次に、骨盤と肩が地面と平行になるように調整し、骨盤を立ててください。
このとき、お腹を意識して引き締めるようにしてください。
基本の立ち方は、これでOKです。
日頃の姿勢が悪い方は、これだけでも筋肉が使われているのがわかるかと思います。

次に歩き方です。
脚だけを動かすのではなく、腰から脚全体が前に出るようなイメージで進みます。
付け根から踏み出し、かかとで着地をしてください。
歩幅は広くとり、股関節が動いていることを感じてください。
膝を曲げずに伸ばして歩くのがポイントです。
曲げてしまうと、太ももに負荷がかかりすぎてしまい太くなる可能性があります。

内ももの脂肪を落とすには、1本の線の上を歩くようにウォーキングをしてみてください。
そうすることで内側に負荷をかけることができますよ!
よりウォーキングの効果を上げるには、呼吸にも注意してみましょう。

腹式呼吸をしながら歩けば、横隔膜が刺激されて血行が良くなり、代謝もアップします。
腹式呼吸で行った場合と比べ、約3倍もの違いが出てくるそうですよ。

ウォーキングを行った後は、マッサージをして疲労回復をしてあげましょう。
セルライトの解消にもつながるので一石二鳥です!
ウォーキングとマッサージの両方行えば、より太もも痩せの効果アップが期待できそうですね。

 

 

まとめ


ウォーキングをしているのに成果が出ないという方は、まず自分の歩き方を見直してみましょう。
道を歩いているときとは違った歩き方なので、意識をしなければうまくウォーキングができません。
一度鏡を見ながら姿勢をチェックしてみてください。
膝が曲がっていたり、体が前に傾いていたりと、意外と姿勢が整っていなかったりすることが多いです。
しっかりと効果を出すためにも、正しいウォーキング方法を身につけてくださいね!
そうすれば、歩くだけで太ももが細くなる、理想的なダイエットが実現できますよ。