産後、なかなか痩せない太ももダイエットはこれで解決!

出産を終えれば自然と体型が戻る。
そんな淡い期待とは裏腹に、産後の下半身太りは女性の悩みの一つです。

 

産後、なかなか痩せない太ももダイエットはこれで解決!


ダイエットをしたくても育児に忙しく、なかなか自分の時間が取れないということも痩せを妨げる原因の一つです。
産後に特に太ももが太くなってしまうのは、どうしてなのでしょうか?
今回はその原因と、ダイエット方法について紹介します!

 

 

産後に太ももが太くなる理由は?


大きな原因は、骨盤の開きです。
出産に合わせ、妊娠中は普段よりも骨盤が開きやすくなっています。
これは、赤ちゃんが産道を通りやすくするために必要な動きです。
そのため産後は、骨盤と股関節が外に広がっているのが普通です。

骨盤がもとに戻ればOKなのですが、育児などで忙しいとケアもできず、開いたままゆがんだ状態になってしまうということが多いです。
骨盤のゆがみは、血行不良を引き起こし、結果として代謝が落ちてしまいます。
骨盤は体の真ん中に位置するため、下半身に脂肪がつきやすくなっていくのです。
この状態でダイエットをしてもなかなか成果につながらないので、まずは正しい位置に戻していくことが大切になります。

 

 

産後の太ももダイエットは骨盤矯正が効果的!


エステや整体で骨盤矯正が行われていますが、自宅でも簡単に行うことができます。
時間もそれほどかからないので、まずは骨盤の位置を調整してあげましょう。

① 仰向けに寝て、脚をたてます。
② 90度になるように曲げ、左右交互に倒してください。
この体操を1~3分続けてください。腰回りがグッと伸びるのを感じると思います。
動きはシンプルですが、骨盤にしっかりアプローチできますよ!

お尻歩き体操も、簡単にできて効果的な体操の一つです。
① 足を前に伸ばして座ります。
② 胸の前で手を交差させて、お尻だけで前に進みます。
③ 10歩進んだら、今度は10歩後進をしてください。
④ 手を万歳のようにあげて、同じように前進・後進を行います。
これを5セット行えばOKです。
足を使うのではなく、お尻だけで歩くのがコツです。
お腹周りの引き締めにも効果があるので、一石二鳥ですね!

 

 

産後の太ももダイエットに効くエクササイズ


あまり時間を割くことができない育児中におすすめのエクササイズが、スクワットです。
回数が少なくてもかなり効果が出やすいので、効率的に太ももを細くすることができます。

① 両足を肩幅に開きます。つま先は少し外向きにしてあげてください。
② 両手にダンベルを持ち、そのまま体を落としていきます。お尻を突き出して、椅子に座るような姿勢をイメージしてください。
③ 太ももと床が平行になるまで腰を沈め、ゆっくりと元に戻します。
これを10~15回繰り返してください。2セットほど行えばOKです。
最初からダンベルはキツイと思うので、初めはダンベルを持たず、腕を前に伸ばした姿勢でスクワットを行ってみてください。

スクワットは負荷が強すぎて続かない...という方には、ショルダーブリッジがおすすめです。
① 仰向けに寝て、両膝を立てます。このとき膝の間にクッションなどを挟んでください。
② 膝から方が一直線になるように腰を持ち上げ、20秒ほどキープをします。
③ ゆっくりとお尻を下ろします。
体力に合わせて秒数を調整し、負荷をコントロールしてあげましょう。
お尻と太ももの内側がキュッと引き締まりますよ!

 

 

まとめ


産後はどうしても赤ちゃんに時間をさき、自分のことが後回しになってしまいます。
しかし、骨盤が動きやすい時期に引き締めておかないと、どんどん下半身太りがひどくなってしまいます。
少しの時間をかけてあげるだけで、太ももを細くすることができるので、負担のない範囲でエクササイズを行ってくださいね。