急激なダイエットに注意!太ももの肉割れ線を防ぎながら痩せるには

気になる太ももを細くするためにダイエット!でも、せっかく痩せたのに、肉割れができてしまったら困りますよね。
女性は誰もが短期間で痩せたいと思ってしまいますが、急激なダイエットをすると肉割れが起こってしまう可能性があります。

 

急激なダイエットに注意!太ももの肉割れ線を防ぎながら痩せるには

 


特に、食事制限だけで一気に落とすのは要注意です。
では、どうして肉割れができてしまうのでしょうか?今回は、その原因と予防法について紹介します。

 

 

肉割れ線が出来る原因とは?


肉割れは、太ももやお腹周り、お尻にできてしまう白い筋のようなものです。
本当に割れているというわけではなく、古い傷跡のような見た目をした線です。
特に痛みなどはありませんが、見た目がかなりよくないです。
できる範囲は人によってまちまちで、シワのように細かく広がっていたり、太い線が数本だけあるという場合もあります。

肉割れができてしまう原因は、皮膚の収縮です。
急激なダイエットで脂肪がなくなると、そのサイズに合わせて皮膚が伸び縮みします。
このとき表皮は対応ができますが、真皮が急激な変化に対応することができず裂けてしまい、結果として肉割れになってしまうのです。

 

 

肉割れ線を防止しながら痩せるには


肉割れを防止する1番の方法は、急激なダイエットを行わないことです。
過度な食事制限などでダイエットをすると一気に痩せてしまうため、肉割れができやすくなります。
体重を徐々に落としていき、皮膚が変化に対応できるようなスピードをキープしてあげましょう。

また、1度できてしまった肉割れを、完全に消す方法はほとんどありません。
高額なレーザー治療や専用のクリームが販売されていたりしますが、すぐに効果を感じることができません。
せいぜい薄くするということが限界です。そのため、予防をしてあげることが大切になります。
痩せたいからといって無茶なダイエットをするのではなく、長期計画で健康的に体を絞っていくようにしましょう。

 

 

肉割れ線をつくらないダイエット方法


肉割れ線ができないように太もも痩せをするには、マッサージがおすすめです。
リンパの流れを良くすることで、老廃物を流して脚をスッキリすることができます。
余分なものがなくなれば、エクササイズの効果も出やすくなりますよ。

入浴後などの体が温まった状態で、リンパマッサージしてあげるとスムーズに流すことができます。
オイルやクリームを使い、太ももを絞るようにほぐしてあげてください。
ひざ上・内側・外側を、雑巾絞りをするイメージでひねります。
つまんでつぶすような動きをした後は、下から上にかけて擦ってリンパを流してあげましょう。
この流れを、左右の脚で2回ずつ行います。少し強めに圧をかけるのがポイントですよ。

でも、効果があるとはいえ、毎日自分でマッサージをするのはなかなか難しいですよね。
マッサージ器具や、自動的に筋肉を鍛えることができるEMS機能がついた器具など、専用のダイエット器具を使うのが継続しやすいです。
最近では様々なダイエット器具が販売されているので、うまく使いこなしてセルフケアの負担を減らしてあげるのがおすすめですよ。

 

 

まとめ


肉割れをせずに太もも痩せをするポイントを紹介しました。
1度できてしまうと、肉割れはもうどうしようもありません。
せっかく細い脚になっても、肉割れができてしまうと見た目がよくないので、ダイエットに成功したとは言えません。
自信をもって細い足を出せるように、長期的な目線でダイエットを計画してあげましょう。
セルフケアが面倒な方は、ダイエット器具をうまく使って効率的にダイエットに励んでくださいね!