ぽっこり下腹とむっちり太ももを細く!下半身太り解消ダイエット

下腹がぽっこり膨らんでいたり、重そうに見える大きいお尻、スポーツ選手のようなしっかりした太ももなど、女性としては、そのままではいられない悩み多き下半身太り……
解消したいと思っていても、ハードな運動は苦手など、一歩が踏み出せない方も多いですよね。

 

ぽっこり下腹とむっちり太ももを細く!下半身太り解消ダイエット


実際にダイエットにチャレンジしても、下半身痩せにたどり着くまでが長く、また成果も実感できなくて諦めてしまうケースも多いようです。
下半身太りの原因も様々で、遺伝的なものの他にも、生活習慣が原因になる場合などがあります。
多くは運動不足や食事など、日常生活に関係しているはずですので、原因に適した対処法で解消できる可能性はあります。
まずは、なぜ下半身が太ってしまうのか、原因を探ることからはじめましょう。

 

 

下半身太りの原因とは?


下半身には、脂肪が蓄積しやすいなどのデータがありますが、どのような理由からでしょうか? 下半身に脂肪がつきやすい原因を考えてみます。
女性の場合は、将来的な妊娠準備のため、下半身には子宮を守るための脂肪細胞が多いといわれます。
運動不足や加齢による筋肉量の低下で代謝が悪くなっていることが原因になることもあります。
その他、冷えやむくみ、食生活なども太る原因となる場合があります。

 

 

下半身を太くするNG習慣

 


ダイエットをしてみたけれど効果がない、逆に太ってしまったなど失敗談も耳にしますが、下半身痩せでしてはいけないNG生活習慣がありますので、ご紹介いたします。

食生活に関して言えば、塩分に注意することです。
ナトリウムを摂り過ぎすことで、体内に水分を溜め込むことになり、むくみにつながってしまいます。
糖分の摂り過ぎも禁物です。糖分の摂り過ぎはコラーゲンの代謝サイクルを滞らせることになり、老化タンパク質を増やす場合もあります。
結果、たるみやセルライトの原因になってしまいます。

長時間座り続けると、血流が滞り代謝が悪くなります。また、立ち時間が長い時は、疲労からむくみになりやすい体になってしまうこともあります。
また、冷えは代謝を悪くさせ、下半身が太る原因をつくります。

 

 

 

下半身集中エクササイズ!

 


下腹・お尻・太ももと、下半身で気になる部分がシェイプアップできるエクササイズをご紹介いたします。

下半身の引締めに役立つ【コアバランスエクササイズ】
1.足は腰の幅くらいで、両手は腰におきます。
2.息を吸いながら両膝を曲げ、息を吐きながら左足を後ろに伸ばします。
3.息を吸いながら足を戻します。(足は床から離したままで行います)
4.左右の足で、15回ずつが目標です。

下腹部とヒップアップに効果のある【ヒップリフト】
1.仰向けに寝て、両足は軽く開いて膝を直角に曲げます。(手は体に沿って床を支える形で)
2.ゆっくりと腰を持ち上げて肩からつま先が一直線になるところで5秒間我慢します。
3.ゆっくり腰を下ろしながら、床につく手前で止めてください。
(10回の繰り返しが理想です)

 

 

 

オフィスでもこっそりできるダイエット

 


デスクワークでは、自然と下半身が太ってしまう可能性も高まります。
座りながらできるダイエット法を一つご紹介いたします。
まず、椅子に浅く、姿勢を正して、背もたれに寄りかからずに座ります。
両膝の角度が直角になるようにします。
このまま膝をを上げ、足を床から少し浮かせた状態で、数秒間キープすることの繰り返しです。

 

 

 

まとめ

 


下半身が太るのは、代謝の乱れなども関係しているようです。
適度に筋力を鍛え、食生活や睡眠などを含めた生活習慣の改善も必要ですね。
対処法も、原因のタイプ別に異なりますので、必要に合わせてマッサージやエクササイズ、入浴、有酸素運動など、効果の見込まれる方法を取り入れてダイエットの成功を目指してください。