引き締まった細い太ももを手に入れる筋トレダイエット

女性の多くが憧れる、細く長い脚。
脚は細い方が、パンツスタイルも似合うし、歩く姿も魅力的に感じますよね。
脚を細くしたい!そのために筋トレを・・・と努力している人も多いのではないでしょうか?
一方、筋トレをすると、筋肉を太く大きくしてしまうと思っている方もいると思います。

 

引き締まった細い太ももを手に入れる筋トレダイエット


実際、脚を細くするためには、筋トレは有効なのでしょうか?
実は正しい方法で筋トレを行えば、脚全体を引き締めて細くすることも夢ではありません。
筋トレというとハードなイメージもありますが、今回は脚を細く引き締める、女性向けの筋トレを中心にご紹介します。

 

 

なぜ筋トレが必要?


太ももが太くなってしまう原因は、脂肪から骨盤のゆがみまで様々です。
人によっては、むくみや冷えが原因であったりします。
太い脚に効果的な解消法を探す時は、原因に対する知識が必要です。
脂肪のつき過ぎ、運動不足などによる太もも太りには、筋トレによる引き締め方法で解決できることもあります。

仕事で動くことが少なかったり、歩く距離も少ない、健康のための運動もしないなど、日常生活で必要な運動量を確保できていない人も多いようです。
運動不足では、太ももにどのような影響があるのでしょうか?
日常的に脚を使うことが減ることで太ももの筋肉は痩せてしまい、硬くなることもあります。
さらに、不要になった老廃物を運ぶ静脈やリンパの流れが悪くなります。
静脈やリンパの流れが悪くなると、老廃物や水分が停滞し、むくみにもつながり、血液の流れが滞ることで、栄養素や酸素の流れにも影響し、結果脂肪もつきやすくなります。
その上、代謝が悪くなると脂肪細胞の蓄積にもつながり、太もも太りに大きな影響を及ぼすことになります。

このような理由から、筋トレで必要な筋肉を鍛えることは、脂肪を燃焼させ、むくみを取り、ゆがみを正すことになり、太ももを細くするだけでなく、脚全体をスリムにし、美脚形成のプロセスにつながります。

 

 

太ももを細くするために必要な筋トレとは

 


太ももを細くする筋トレといっても、ダイエットを目的にする場合には、鍛えるべき筋肉を選ばなければいけません。
ここでいう鍛えるべき筋肉とは、赤筋のことです。
筋肉の分け方の一つに、有酸素運動に使うための筋肉・赤筋(遅筋)と無酸素運動に使うための筋肉・白筋(速筋)に分ける説があります。
太ももを細くするには、インナーマッスルにも注目し、有酸素運動で赤筋を鍛え、白筋を大きくしないことがポイントになります。

白筋は筋トレなどの無酸素運動に使う筋肉のため、この筋肉を鍛え過ぎて、太い脚にしてしまったという失敗例もあります。
男性の場合は、ある程度筋肉でしっかりした脚が魅力に感じられますが、女性でモデルのような美脚に憧れる方は、筋トレの影響でスポーツ選手のようながっしりした脚は困るのでは?
筋トレの種類によっては太い脚になってしまいますので、女性の方は赤筋を鍛え、白筋を退化させる方向でトレーニングをしていきましょう。

 

 

 

太ももを引き締める筋トレ方法

 


具体的に、効果的な筋トレをいくつかご紹介します。

 

 

 

内ももを鍛える【レッグアダクション】

 


仰向けに寝たら、両脚を垂直に上げます。
息を吸いながらゆっくりと、膝を伸ばしたまま左右に開きます。
できるところまで開いたら、息を吐きながらゆっくり戻します。
10回の繰り返しが理想です。

 

 

 

お尻と太ももの裏を鍛える【ヒップエクステンション】


四つんばいの体勢にして、背筋を伸ばします。
一度片脚を胸のほうに引きつけてから、水平よりもやや上の高さまで、後ろにまっすぐ伸ばします。(ももの裏とお尻の筋肉が引っ張られている感じを意識して)
静かに、もとの位置に戻して終了です。
左右で10回繰り返しましょう。

 

 

赤筋を鍛える【アイソメトニクス】

 


床に体を伏せます。
手から肘までは床につけて、手から肘の部分とつま先で全身を支える感じです。
この状態のまま20秒、キープします。(呼吸は止めません)
一日3セットが目標です。
全身を使う筋トレなので、太ももの脂肪を全体的に落とし、体の前後から側面・内面まで、赤筋を効果的に鍛えるトレーニングです。

 

 

 

まとめ

 


ご紹介した筋トレの他にも、脚痩せに有効なボクササイズもあります。
キックが脚痩せに通じるようで、ダイエットに活用している方も多いようです。
トレーニング後の食事などにも注意が必要ですので、太くならず細い脚に生まれ変われる筋トレ法と生活習慣を取り入れていきたいですね。