筋肉太りの太ももダイエット!すらり細い脚を手に入れるには

もし、太い太ももに悩んでいた方が、ダイエットに成功してスラリとした美脚に生まれ変わったら、気持ちも明るくなりますね。
以前は太かったけど細い脚になった、という方は、自身の太り方を理解し、適切なダイエット方法を繰り返し行った結果だと思います。
ダイエットを成功させるためには、むくみや脂肪など、太ももを触ったりつまんだりして、自分の太もも太りの原因を知ることからはじめることが大切です。

 

筋肉太りの太ももダイエット!すらり細い脚を手に入れるには


ただ、太もも太りには色々なパターンがあり、むくみや脂肪の場合はマッサージなど有名な改善方法もありますが、“筋肉の太り”についではどうしたら良いのでしょうか?
そこで今回は、筋肉で太ももが太くなるなどのメカニズムから、細くスラリとした脚に改善するまでの流れをご紹介します。

 

 

筋肉太りとは?

 


そもそも筋肉太りとはどういった状態なのでしょうか?
“筋肉太り“の状態を簡単に説明すると、お肉の霜降り状態をイメージするとわかりやすいかと思います。
筋肉の間に細かい脂肪がつき、霜降り肉のような感じで太ってしまうわけです。

スポーツをしていて見た目が筋肉質である理由に、体の表面にある『アウターマッスル』の発達があります。
一般には、このアウターマッスルが人の筋肉のように思われがちですが、外からは見えない『インナーマッスル』もあります。
ダイエット方法の中には、インナーマッスルについても詳しく解説しているものもあり、注目すべき情報の一つです。

そして、有酸素運動により鍛えられるインナーマッスルとは違い、アウターマッスルは無酸素運動で発達し、運動能力を向上させるために必要な筋肉です。
太ももが筋肉の関係で太っているとすると、アウターマッスルに原因がある可能性があります。

アウターマッスルを鍛える時は無酸素運動であるため、脂肪ではなく糖質を消費します。
この糖質が適度に消費されればよいのですが、使われず余った場合、糖質が脂肪に変わってしまうのです。
つまり、アウターマッスルを鍛えていた時は消費されていた糖質が、運動をやめて余り、脂肪に変わって残ってしまうことで筋肉太りになるわけです。

 

 

 

筋肉太りの予防法

 


太ももが筋肉太りの人は、太ももの筋肉を触ると硬くなっていることが多いようです。
筋肉を使っていて発生する疲労物質に乳酸があります。
乳酸が蓄積されると筋肉が硬くなり動きが鈍くなったりします。
乳酸が増えると、体は筋肉量を増やして総体的に乳酸の割合を減らそうとしますので、結果、筋肉増加→運動→さらに乳酸も増えてしまうという悪循環になります。

太ももの筋肉が疲労物質や老廃物によって固まらないように、良質な筋肉を保つ予防法が必要です。
そのために、筋肉は使ったら必ずほぐすようにしましょう。
運動後に、筋肉をゆるめるマッサージなどでケアしておけば、老廃物が溜まることも少なく、良質な筋肉が作られ、脚太りになる可能性も軽減されます。

 

 

 

既に筋肉太りで太ももが太い人は

 


筋肉太りで太ももが太くなってしまっている方には、今からでも解消できる脚痩せ法があります。
多くの悩みは、以前に鍛えた太ももの筋肉が硬くなってしまっていることのようですから、凝り固まった筋肉を柔らかくほぐし、蓄積された老廃物を排出することが有効だといわれています。
その際大事なポイントは、継続的に根気よく続けていくことです。

具体的な方法を簡単にご紹介いたします。
第一に、両手のこぶしで、トントンとリズミカルに太ももとふくらはぎをたたく方法です。
前もも・外もも・ふくらはぎと、全体的に行います。

第二に、ヒップをほぐすということで、仰向けになり、右のお尻の下にボール(テニスボールなど)を置いてお尻を上下左右に動かしながらボールを転がしてお尻を全体的にほぐし、終わったら左も同様に行います。

その他、脚の裏をさすったりひねったりしてほぐす方法があります。
足首を両手で包んで太ももまでさすり上げる感じです。
硬く感じる部分があれば、手のひらを使ってひねりながら揉みほぐしてみても構いません。

 

 

 

まとめ

 


筋肉太りは、過去にスポーツで激しく鍛えていた人などは要注意ですね。
現在でも運動されている方は、アウターマッスルばかりを鍛えてかえって太くならないように予防が大切です。
太ももの筋肉太りでお悩みの方には、マッサージをご紹介いたしました。
その他基本的に筋肉太りタイプのダイエットでは、インナーマッスルを使って脂肪を燃焼させるストレッチなどがおすすめです。
有酸素運動を頭に入れて、効果的な方法を選択してください。