オフィスでもOK!短時間で簡単に出来るお腹痩せ方法

ダイエットをしたいけど、忙しいからなかなか時間がとれない!
やらないと体が引き締まらないとわかっていても、イマイチ気持ちがのらないことがありますよね。

 

オフィスでもOK!短時間で簡単に出来るお腹痩せ方法


そんな人には、オフィスでも簡単にできるお腹痩せ方法がおすすめです。
1週間のうちほとんどをオフィスで過ごすかと思うので、その時間をうまく活用すれば効率よくお腹を引き締めることができますよ!

 

 

正しい姿勢で椅子に座ろう


いつも座っているとき、足を組んだり肘をついたりしていませんか?
もし心当たりがあるなら、それは体のバランスを歪めてしまう原因になってしまいますよ。
PCを使っているとどうしても姿勢が悪くなりがちですが、あごが突き出ていたり、腰が斜めになっていて背中が丸くなっていると要注意です。

まずは正しい姿勢で座ることを心がけましょう。
① 腰を深くかけ、座骨をしっかり立てて座ります。
② ひざが90度になるように、椅子の高さを調整しましょう。
③ 太ももは床と平行になるようにして、両膝がくっつくように内腿を意識します。
④ あごをひき、頭のてっぺんから天井に向かって引っ張られているようなイメージで座ります。
今まで姿勢が崩れていた人は、この姿勢をキープするだけでもつらいと感じるかもしれません。
毎日正しい姿勢を維持すれば、それだけでも痩せる効果が期待できますよ。
背中のS字に沿うように、タオルやクッションを挟むのもおすすめです。

 

 

お腹痩せの呼吸法


合わせてお腹痩せのために、呼吸も見直してみましょう!
一時期ブームが来ていたので聞いたことがある人も多いかと思いますが、「ドローイング」と呼ばれる呼吸法がおすすめです。

① 正しい姿勢をキープしながら、お尻を締めてください。
② 肩甲骨を寄せ、軽く胸を張るような状態を作ってください。
③ 鼻から空気を吸い、口から一気に吐き出します。このときお腹を思い切りへこませ、30秒ほどキープします。
これを10回繰り返すだけです!
お腹周りにあるインナーマッスルを鍛えることができるので、ぽっこり下腹などに効果が期待できます。
仕事中や、ちょっとした休憩時にも出来そうなのがいいですね。

 

 

椅子に座りながらエクササイズ


椅子に座りながらでも、お腹を引き締めるエクササイズを行うことができます。
① 椅子に浅めに座り、姿勢を正します。
② 椅子を手で押さえながら、膝をくっつけて床から足を浮かせてください。
③ ひざから下を左に持っていき3秒キープしてください。反対も同様に行います。
これを連続10往復行ってみてください。
自分の体重をうまく活用したエクササイズになり、簡単ながらも、実際にやってみるときつく感じるかもしれません。
血流も良くなるので、オフィスで眠気を感じた時にやってみるのもいいかもしれませんね。

上体をねじる動きもウエストには効果的なので、トイレに行ったときに上半身をねじり数秒キープするというのをやってみるのもおすすめです。
どれもすきま時間に気軽にできるようなものばかりなので、オフィスでもラクラク実践できますね。

 

 

まとめ


いかがでしたか?椅子に正しく座れば、それだけでもお腹周りは引き締めることができます。
ダイエットを先延ばしにするのではなく。日常生活の中で取り入れやすいものを始めてみるのが継続へのカギです。
骨盤を立てて座れば、それだけで効果が実感できます。姿勢が悪いと健康面でも様々な悪影響があるので、ダイエットのためだけではなく体をいたわってあげる意味も込めて正しい姿勢をとれるように意識してあげてくださいね。
エクササイズや呼吸法もあわせて行えば、引き締め効果がアップするのでぜひ挑戦してみてください。