お腹が痩せないのは骨盤が原因!?骨盤矯正でお腹痩せ

なんだかお腹周りが太った気がすると感じた時、大抵の人は「脂肪がついたのかな?」と考えることが多い思います。
でも、もしかしたらその気になるお腹周りの原因は、骨盤にあるかもしれません。
体重が減ってもなかなかお腹痩せの成果が出ないという人も、骨盤の歪みの可能性があります。

 

お腹が痩せないのは骨盤が原因!?骨盤矯正でお腹痩せ


では一体なぜ、骨盤とお腹痩せが関係するのでしょうか?
今回は骨盤にポイントを絞って、お腹痩せダイエットについてご紹介していきます。

 

 

骨盤がゆがむとお腹が痩せない?


男性に比べると、妊娠や出産などがあることから女性の骨盤は動きやすくなっています。
骨盤は体を支える大切な場所です。身体の上側と下側をつなぐ存在でもあるので、骨盤が歪むと体全体に影響が出てしまいます。
血液の循環が悪くなることで冷えにつながったり、むくみやすい体質になります。また、肩こりや腰痛の一因にもなってしまうのです。

そして骨盤のあるお腹周りにも、大きな影響を及ぼします。
人間の内臓は筋肉で支えられていますが、骨盤が歪むことで筋肉がうまく使われないようになります。
その結果、内臓を支えられなくなり、下垂し下腹がぽっこりと見えるという状態になってしまいます。
そのため骨盤のゆがみを直すことが、お腹痩せには重要なポイントになってきます。

 

 

骨盤矯正の様々な効果


では、実際骨盤矯正にはどのような効果があるのでしょうか。

まずは、下垂した内臓を正しい位置へと戻すことができます。
下垂により動きが悪くなっていた腸もしっかりと働くようになるので、つらい便秘の解消も期待できます。

また、ゆがみが矯正されることで、体を支える力が回復し姿勢も自然と良くなる効果もあります。
血の巡りやリンパの流れも良くなるので、むくみや冷えも改善にもつながります。
お腹痩せだけではなく、様々な不調が改善されるというのが骨盤矯正の嬉しいポイントです。

 

 

簡単に出来る骨盤矯正方法


整体などに行って骨盤を矯正するという方法もありますが、自宅でも簡単に自分で骨盤矯正をすることができます。
まずは簡単なストレッチを紹介します!

① 仰向けに寝転び、お腹にひざを寄せてください。10秒ほどキープすればOKです。
② 次にその体勢から外側に足を倒します。カエルのようなイメージです。
ハードなエクササイズをするのが嫌な人は、まずこのストレッチから始めてみてください。

次にお尻歩きも簡単なのでおすすめです。
床に座り足をのばし、上半身をねじりながらお尻で歩いてください。
右のお尻を前に出すときは右腕を突き出すようにするのがポイントです。

もっと強度のあるものに挑戦したいという人は、骨盤スクワットをやってみましょう。
普通のスクワットの体勢をとり、そこから肩幅よりも広く足を広げてがに股になります。
その状態から、ゆっくりと腰を落としスクワットを行ってください。
骨盤はもちろんのこと、ヒップや太ももにも効果がありますよ。
まずはできる回数からはじめて、徐々に回数を増やしてみてくださいね。

 

 

まとめ


骨盤とお腹痩せについて紹介しましたがいかがでしたか?
骨盤の歪みは、お腹周りだけではなく体全体に悪い影響がありましたね。
デスクワークがメインの人は、自分が思っているより座り姿勢が崩れています。特に脚を組む癖がある人は、骨盤が歪むので要注意です!
骨盤の歪みは、エクササイズやストレッチで矯正することができます。自宅で簡単にできるので、毎日の習慣にして骨盤の歪み予防をしましょう。
腰痛に良くなる人も、骨盤をケアしていれば要津予防にもなります。
お腹痩せプラス体全体の健康を目指して、できる内容から継続して行ってください。まずはストレッチからはじめて、徐々にメニューを増やしてみてくださいね!