女性のお腹は太りやすい?原因と痩せる方法

スキニーボトムやタイトスカートをはいたときに気になるお腹周りのお肉…。
前はそうでもなかったのに、スカートの前がポッコリしたり、ボトムにお肉がのっかっている、なんてお悩みはありませんか?

 

女性のお腹は太りやすい?原因と痩せる方法

 


なぜか痩せているのに、お腹周りだけはという女性は多いです。どうして女性には、お腹周りの悩みが多いのでしょうか?

 

 

ぽっこりお腹の男女差は?


お腹周りや下腹のぽっこり。その原因は、実は男女で大きな違いがあります。

男性は一般的に、食生活の乱れや筋肉の衰え、内臓脂肪が原因だといわれています。
脂肪がつまめないのにお腹周りがもたついている人は、内臓脂肪が多い可能性が高いです。
男性は筋肉量が多いため、皮下脂肪ではなく内臓脂肪のほうが多くつきやすいという傾向があります。

共通の原因としては、胃下垂や便秘などが挙げられます。
それでは、女性のぽっこりお腹の原因はどういったものがあるのかチェックしていきましょう。

 

 

女性に多いぽっこりお腹の原因


女性の場合は、皮下脂肪や冷え、骨盤のゆがみが原因として挙げられます。
妊娠・出産というライフステージがあるため、女性の骨盤は男性に比べると動きやすいと言われています。
骨盤は体の中心に位置し、上部と下部をつないでいます、そのためこの場所が歪んでしまうと、体全体に悪影響があります。
血流が悪くなることで冷えにつながったり、お腹周りの脂肪が付きやすくなってしまいます。

また、毎月起こる生理も原因の一つです。
生理前や生理中は、女性ホルモンの影響で太りやすくなってしまいます。
便秘になりやすくなってしまうこともあり、下腹部が張ってぽっこりして見えてしまうこともあります。

 

 

女性らしいくびれを手に入れるには


女性のぽっこりお腹の1番の原因は、皮下脂肪です。
そのため美くびれを手に入れるには、皮下脂肪をおとし、インナーマッスルを鍛えることが重要になってきます。
残念なことに、皮下脂肪は内臓脂肪より落としにくいと考えられています。
長い目で見て、じっくりとダイエットに取り組むようにしましょう。

筋トレを行ってから有酸素運動を行うのが最も効率的といわれているので、まずはおすすめの筋トレを紹介します。
腹直筋を鍛える基本のエクササイズ「クランチ」です。
① 仰向けになり、胸の前で手をクロスします。ふくらはぎと床が平行になるように足を上げ、膝を90度に曲げてください。
② 腹筋を意識し、頭と肩を軽く上げます。目線はおへそあたりです。
③ その姿勢から、息を吐きながら状態をゆっくりと丸めるようにあげます。おへそを見るようにするのがポイントです。腹筋がつらいなという場所で止め、息を吐きだします。
④ 息を吸いながらゆっくりと②の姿勢に戻ってください。頭を床につけないようにしてくださいね!
これを10~15回繰り返してください。
シンプルながらも、かなり腹筋が刺激される筋トレです。
どうしてもきついという人は、足を床につけて90度に曲げる体勢でもOKです!

筋トレが終わった後は、有酸素運動です。ウォーキングやランニング、縄跳びなどの運動を20分以上行ってください。
有酸素運動は継続することが大切になるので、無理のないレベルで行うようにしましょう。
運動をする習慣がない人は、まずはウォーキングがおすすめです。

 

 

まとめ


同じお腹周りの脂肪でも、女性と男性で原因が違いましたね!
大切なことは、原因が何かを理解したうえで効率的にダイエットを行うことです。
女性ならではの原因を押さえたうえで、エクササイズを行えばより効果が出しやすくなりますよ。
エクササイズに合わせてマッサージを行うと、より痩せやすくなるので合わせて行ってみてくださいね。