呼吸法でお腹痩せ!運動いらずの簡単ダイエット

お腹痩せをしたいけど、運動をするのはめんどう….。そんなあなたにおすすめの方法があります!
普段何の気なしに行っている「呼吸」。この呼吸でダイエットをすることができるんです。

 

呼吸法でお腹痩せ!運動いらずの簡単ダイエット


わざわざ運動をしなくても、呼吸を意識するだけでOKだなんて、運動嫌いの人には嬉しいダイエットですね!
今回は、腹筋を鍛えてぽっこりお腹を解消する呼吸法を紹介します。

 

 

痩せる呼吸法!腹式呼吸ダイエットとは


腹式呼吸という言葉はよく聞きますが、具体的にどのようなものなんでしょうか?
簡単にいうと、胸で呼吸をするのが胸式呼吸で、お腹でするのが腹式呼吸です。
一般的に、普通に呼吸をしているときは「胸式呼吸」になっていることが多いです。
演劇や歌をやっている人であれば、腹式呼吸は身近な存在ですね。

この腹式呼吸は、お腹をしっかりと動かすのでインナーマッスルを鍛えることにつながります。
正しい方法で行えば、ウエストをサイズダウンすることができます。

 

 

腹式呼吸ダイエットの効果


まずはダイエット効果です。
腹式呼吸を行うことで、普段使わない筋肉を鍛えることができます。
特に「大胸筋」に効果があり、基礎代謝が上がって痩せやすい体質になります。
お腹周辺だけではなく、全身にも効果があるのが嬉しいですね。

また呼吸をすることで横隔膜が広がり、血の巡りも良くなります。
そのため冷え性改善にも効果が期待できます。余分な老廃物やむくみにも効きそうですね。

自然と深い呼吸になるので、リラックス効果もあります。
深呼吸をしているときと同じように、気持ちを落ち着かせるので、腹式呼吸をしているだけでリラックス効果が期待できます。

 

 

腹式呼吸ダイエットの方法


まずは基本的な呼吸方法を身につけましょう。
慣れるまでは、お腹に手を当てて動きを確認しながら行ってください。

① まずは鼻から息を吸って口からはいてください。このとき12秒ほどかけて、体のすべての空気を出すイメージで行います。息を吐ききった際には、お腹がへこんでいるようにしてください。
② 次に鼻から息を吸います。6秒ほどかけてお腹を膨らましながら行ってください。
③ 最後に最初と同じように、すべての息を12秒ほどかけて吐ききってください。
これを1日10セット行ってください。肩に力が入らないように、リラックスするのがポイントです。

基本が身に付けば、次は応用編です!
よりダイエット効果の高い「逆腹式呼吸」に挑戦してみましょう。
名前の通り、お腹の動きが基本と逆になります。
① 鼻から息を吸って口からはいてください。このとき12秒ほどかけて、体のすべての空気を出すイメージで行います。息を吐ききった際には、お腹が膨らむようにしてください。
② 次に鼻から息を吸います。6秒ほどかけてお腹をへこませながら行ってください。
③ 最後に最初と同じように、すべての息を12秒ほどかけて吐ききってください。
動きを逆にするだけで、かなりお腹に効くのが分かると思います。
ダイエット効果だけではなく、胃腸の動きを活発にする効果があるので、胃腸が弱い人におすすめですよ。

 

 

まとめ


腹式呼吸ダイエットについて紹介しましたが、いかがでしたか?簡単ながらも、日常生活の中に取り入れやすいダイエット法でしたね!
ダイエット以外にも健康にプラス面があるのが、嬉しいポイントです。
発声にもプラスなので、カラオケに行く際には腹式呼吸を意識してみてください。そうすればのびのびと歌える上に、ダイエット効果もありますよ。
まずは基本的な腹式呼吸をしっかりと身につけ、毎日継続して行ってみてください。
普段使わない筋肉が刺激され、お腹周りが引き締まるのを実感することができると思います。