産後のお腹のたるみが気になる人のお腹痩せダイエット法

出産後は何かと子育てに忙しい産後ママの悩みは尽きません。
その中でも特に気になる人が多いのが、お腹のたるみです。

 

産後のお腹のたるみが気になる人のお腹痩せダイエット法


出産をすればすっきりする!と思いきや、しっかりとケアしないとなかなか元には戻りません。
なかなか自分のために時間をとれないので、そのままにしてしまう人も多いのではないでしょうか。
今回はそんなママの悩みを解消すべく、産後の痩せについて紹介していきます!

 

 

出産でおなかがたるむ原因は?


そもそも産後にはどうしてお腹がたるむのでしょうか?
原因は大きく2つあり、骨盤の開きと皮膚のたるみです。

出産にあわせ、女性の体は変化していきます。
赤ちゃんが無事に出るために骨盤は開いてしまい、その結果ウエストやヒップ周りが大きくなってしまうんです。
また、赤ちゃんの成長に合わせてお腹が大きくなりますが、出産でふくらみが急になくなったことで、皮膚がたるんでしまいます。
急激なダイエットをした人の皮膚がたるんでしまうのと、同じ現象ですね。

 

 

産後のお腹を痩せるには


産後すぐにダイエットをしたい!と思ってしまいますが、まず1ヶ月は体を休めるようにしましょう。
出産は体に多くの負担をかけています。しっかりと体力が回復してから、ダイエットを始めるようにしてください。
どうしても気になる人は、骨盤ベルトをつけてみるのがおすすめです。

産後1~6か月の時期が、お腹のたるみケアにはベストです。
食事制限などをし過ぎると、母乳を通して赤ちゃんにも影響が出てしまいます。
そのため産後のダイエットについては軽いエクササイズと骨盤の引き締めがポイントになります。

たるみを引き締めるエクササイズは簡単なもので大丈夫です。
おへそに力を入れてお腹をへこませ、30秒キープするだけでもOKです。
もう少ししっかり行いたい場合は、腹式呼吸でインナーマッスルを鍛えましょう。

① 息をする。お腹に空気をためるように思い切り!
② 息を止めて5秒ほどキープ
③ 息を吐き、お腹をへこませるように吐ききる。その状態で30秒キープ。

これを1日10回ほどやってみてください。育児の間にでも気軽にできそうな内容ですね。

 

 

骨盤矯正で産後のお腹痩せ!


開いてしまった骨盤を元に戻せば、ヒップやウエストが一気に引き締まってくれます。
産後は骨盤が動きやすくなっているので、適切にケアをすればしっかりと効果が出ますよ!
簡単なエクササイズをご紹介しますので、チャレンジしてみてくださいね!

まずは立った姿勢でのエクササイズです。
① 両足を肩幅に開き、腰に手をあてる。
② 目線はまっすぐして上半身を固定し、腰を左と右に10回ずつ倒します。上半身を動かさないように意識してください。
③ 次は前後に10回ずつ腰を動かす。
④ 最後に腰を右と左周りに10回ずつ回す。
腰回りに効いてきているのを感じるかと思います!シンプルながら効果の期待できる動きです。

次は寝た状態のエクササイズです。
① 仰向けに寝て両腕を大きく広げる。脚はぴったりとつけたまま膝を軽く曲げる。
② 膝をつけたまま、下半身を右に倒す。肩を床につけ、上半身は動かさないように意識する。
③ 最初の姿勢に戻り、逆を行う。
これだけです!簡単ですよね?これなら継続できそうです。

 

 

まとめ


産後はどうしても自分のことを後回しにしてしまいますが、スキマ時間を使えばしっかりと身体のケアをすることができます。
毎日少しだけ時間を確保して、お腹周りをすっきりさせてあげましょう。
継続をすれば、妊娠前のボトムも余裕で入るようになりますよ。
急いでダイエットを行うのではなく、半年から1年ほどの期間をかけてじっくり戻すように焦らずに取り組んでくださいね。