ウエストのお肉を撃退!腰周りのお腹痩せダイエット

腕や足は細いのに、ウエストだけがどうも落ちない…。
ぽっこり下腹をすっきりさせたり、お腹周りを引き締めて美くびれを作りたいというのは、女性であれば誰もがもつ悩みです。

 

ウエストのお肉を撃退!腰周りのお腹痩せダイエット


なかなか落ちない腰周りのお肉をすっきりさせるには、どうするのが良いのでしょうか?
そこで今回はウエストをすっきりさせる方法をご紹介していきます。

 

 

ウエストが太くなる原因は?


ウエストが太い理由は、その多くが脂肪が原因です。
インナーマッスルの衰えということもありますが、まず第一に脂肪のつきすぎを疑ってみましょう。
もし脂肪が原因である場合、そこさえ落とせればウエストをすっきりさせることができます。

ただし、その場合腹筋などの筋トレではなく有酸素運動が必要になってきます。
脂肪を落とすには、無酸素運動ではなく長時間有酸素運動を継続することが大切です。
筋トレで基礎代謝を上げることもダイエットにつながりますが、筋肉が少し増えても基礎代謝は大幅に増えたりしません。
そのため、効率的に脂肪を落とすとなると筋トレなどの無酸素運動よりも、有酸素運動を重視していくのがおすすめです。

いざ脂肪を落とそう!となっても、脂肪は部分痩せをすることが不可能であると言われています。
運動による脂肪燃焼は、全身の脂肪が関わってくるので、ピンポイントでウエストの脂肪のみを落とすというよりは、有酸素運動を行って全体的に脂肪を落とすという流れになっていきます。
特に年齢を重ねるにつれてどんどん基礎代謝は落ちていきます。そのため昔と同じ食事の量だとしても、徐々にお腹周りや腰に脂肪がついてしまいます。
ですから、常に体型を維持するには、運動を取り入れて代謝を上げることが必要になります。大切なのは、落ちてしまった分の代謝をどうカバーするかです。

 

 

ウエストのお肉を落とすためには


解説をしてきたように、ピンポイントで脂肪を燃焼することはできません。このことから、とにかく消費カロリーと摂取カロリーの量をコントロールすることが大切になってきます。
消費カロリーが摂取カロリーよりも多くなれば、自然と脂肪は落ちていきます。
そのために最も効果的なのが、食事制限と有酸素運動です。
どちらかだけやるよりも、同時進行でやるとより効果が出やすいです。

食事制限というと、大幅にカロリーを減らそうと考えてしまいますが、それではリバウンドをしてしまいます。
カロリーを大きく減らすのではなく、炭水化物の量を減らしたり、食べる順番を調整しましょう。
野菜→発酵食品→たんぱく質→炭水化物の順番で食べると、血糖値をうまくコントロールすることができます。
お腹がすいていると、どうしても白米などの炭水化物から食べたくなりますが、我慢しましょう。
また合わせて、間食をしないように気をつけてください。
カロリーを意識していないと、意外と、デザートやお菓子を食べていたりするものです。
ですが、菓子類のほとんどの商品は300キロカロリーを超えていることが多いので、普段食べている人は、それを食べないだけでも自然ダイエットにつながる場合もあります。

有酸素運動で大事なことは、継続をすることです。
ランニングが最もおすすめの有酸素運動ですが、日頃運動をしていない方にはきついかもしれません。
運動が苦手な人でも長く続けられるという点では、ウォーキングや自転車がおすすめです。
どちらも負荷が少ないので、無理なく続けることができます。
また日常生活にも取り入れやすいので、帰宅時に1駅前で降りて歩くであったり、通勤や買い物に自転車を使ったりするだけでも変わってきますよ。

他にもひねりを行うエクササイズをプラスで行うと、より効果がアップします。
胡坐で座ったまま両手を肩の高さに広げ、息を吐きながら上体をねじります。
左右交互に5回ずつ行うだけで、とても簡単ですし、スキマ時間にできそうですね!
硬くなってしまった贅肉をほぐすのに、マッサージをするのもおすすめですよ。

 

 

まとめ


効率的にウエストをサイズダウンさせるのには、食事と有酸素運動がポイントでしたね。
今まで筋トレだけをしていたという人は、改めて自分の原因を考え直してプランを組みなおしてみてください!