お腹ぽっこりの原因と痩せる方法は?

鏡で自分の姿を横から見たとき、下腹が気になることはありませんか?
そんなに体重が増えていないはずなのに、お腹だけがポッコリとしている人は実は結構多いようです。
「太った」となると食べ過ぎが原因だと思いがちですが、実はこのお腹のぽっこりには様々な理由があるのです。

 

お腹ぽっこりの原因と痩せる方法は?



今回はそんなぽっこりお腹の原因をご紹介していきます。自分の状態を考えながらチェックしてみてくださいね。

 

 

便秘が原因のぽっこりお腹


便秘がちな人は、下腹部だけがポッコリしてしまうことが多いです。
単純に便がたまればその分だけ、お腹が出てしまいます。
運動不足や食生活が原因だといわれているので、生活を見直して改善していくことが大切になってきます。

腹部がはって苦しいということもありますが、それ以外にも健康面でマイナスポイントが多くあります。
便秘の影響で腸の動きが悪くなってしまい、栄養吸収をうまくできなくなってしまいます。
その結果脂肪燃焼に必要な栄養が不足し、燃焼しづらい体質になってしまいます。

 

 

内蔵下垂が原因のぽっこりお腹


内臓は筋肉により支えられています。
そのため筋肉が弱っていると、支えきれずに内臓が下垂してしまいます。
女性によくあるのですが、スリムで痩せているのになぜか下腹だけぽっこりしている人がいますよね?
あれは必要な筋肉が足りずに、内臓が下がっているのが原因なのです。

食べても太りづらい胃下垂がうらやましい!という人もいますが、胃下垂も内臓下垂の一種です。
胃もたれや吐き気などの不調が起こりやすいので、 健康への影響もあるんですよ。
内臓下垂ぽっこりの場合は、とにかく筋力をつけることが重要になってきます。
ダイエットの際に食事制限だけで済ませようとするのではなく、シッカリと筋トレをすることが重要です。

 

 

骨盤のゆがみが原因のぽっこりお腹


女性に多くみられるのが、骨盤のゆがみが原因のぽっこりです。
スカートがまわってしまったり、靴のかかとの外側や内側のどちらか一方が極端にすり減っている場合は歪んでいる可能性があります。

骨盤は体の上と下をつなぐ重要な場所です。そのため、骨盤が歪んでいると体全体にも影響が及んでしまいます。
骨盤のあるお腹周りに脂肪が付きやすくなってしまい、お腹がポッコリとしたように見えます。
日常生活での姿勢や、エクササイズで骨盤を正しい位置に戻してあげましょう。脚を組む癖がある人は要注意ですよ。

 

 

冷えが原因のぽっこりお腹


最近では冷え性に悩む人がドンドン増えているといわれています。
体全体の血の巡りが悪くなると、顔色が悪くなったり内臓機能が停止したりと健康への悪い影響がたくさんあります。

また体温が下がると基礎代謝もダウンしてしまうので、脂肪が燃焼されにくくなります。
お腹が冷えているということは、そこにある臓器も冷えてしまっているということです。
胃や腸などの消化機能が低下してしまい、栄養の吸収がうまくいかなかったり便秘になったりとさまざまな問題を引き起こしてしまいます。
脂肪燃焼もきちんと行われなくなってしまうので、その結果下腹がポッコリとしてしまうのです。
体全体の血の巡りが良くなるようにしたり、ウエスト周辺をマッサージしてあげるのがおすすめです。

 

 

まとめ


お腹のぽっこりといっても、原因は色々なものがありましたね。心当たりがある内容はありましたか?
まずは下腹ぽっこりの原因が何かをはっきりとさせ、それに合わせた対策を行って効率的にウエストをすっきりさせましょう。
より効率的にダイエットができるので、即効性も期待できますよ。
年々体のラインが崩れてしまうのは自然なことですが、それに歯止めをかけるためにはしっかりと身体を引き締めていってくださいね。