お腹を痩せて「くびれ」を手に入れる方法

美しいくびれは、女性であれば誰もが憧れるものですよね!
夏になれば薄着になったり水着になったりと何かと気になるタイミングが増えてしまいますし、冬は冬でゆったりとした服ばかり、というのもオシャレの幅がせばまってつまらないですよね。
季節や服のシルエットを気にせず、オシャレを楽しめるプロポーションを手に入れたいものです。

 

お腹を痩せて「くびれ」を手に入れる方法


では、美しいくびれとは、どのくらいの細さが必要なのでしょうか?
実はウエストはただ細ければいいというわけではなく、バストやヒップとの比率が重要だと言われています。
バスト:ウエスト:ヒップ=10:7:10が黄金比なので、自分のベストサイズをチェックして、エクササイズやマッサージの目標にしてみましょう!

 

 

お腹痩せエクササイズでくびれを手に入れる!


お腹を引き締めるというと、腹筋運動を始める人が多いのではないでしょうか?
確かに腹筋運動はお腹痩せに効果的ですが、くびれをつくるウエストの引き締めに重要なのは、正面ではなく脇腹を引き締めるのがポイントになります。
脇腹の筋肉「腹斜筋」を効率的に鍛えることが、美くびれの近道になるのです。

 

 

くびれをつくるエクササイズ


いざお腹を鍛えようと思っても、様々なエクササイズがあると何をやればいいのか迷ってしまいますよね。
すべてをやってしまえばいいのかもしれませんが、時間も体力も必要ですし、疲れて挫折してしまう可能性の方が高いと思います。

そこで今回は数あるエクササイズの中でも、おすすめのものをピックアップして紹介します。
お腹の正面、脇腹の両方にアプローチをして、ボディラインを整えていきましょう。

 

 

クランチ


クランチといえば、腹筋を鍛えるのに定番のエクササイズです。
インナーマッスルも鍛えることができるので、基礎代謝アップも期待できます。

まずは仰向けに寝て、脚を上げます。
①その際、膝を曲げて90度になるようにしましょう。
②その体勢から肩が上がるまで状態を起こし、キープします。
③反動をつけずに行うのがポイントになります。
④手の位置で負荷を調整することができるので、体の横→胸の前で交差→頭の後ろで組むの順で調整してみてくださいね。

普通のクランチじゃ物足りない!という人には、ツイスティングクランチがおすすめです。
① 仰向けの体勢で両膝をたて、両手を頭の後ろで組む。
② 上半身を起こす際に、右ひじで左の膝をタッチする。身体を斜めにするように動くのがポイント!
③ ゆっくりと元の位置に戻る
④ 反対も同様に行う
この流れを、10回1セットで2~3セット行ってください。

 

 

腰ひねり


ガッツリ筋トレは苦手、という人は、腰ひねり系のエクササイズがおすすめです。

まずは立った状態で、体の正面でボールを持っているようなイメージで肘を90度に曲げます。
その体勢で、上半身だけを左右にひねります。
それぞれ15回ずつ動かしてください。下半身を動かさないのがポイントです。

同じような動きで、少し違うポーズのエクササイズもあります。
脚を肩幅に開いて、手を胸の前でクロスさせてください。
身体の軸を意識して、上半身を左右にひねるように動かします。
左右10回ずつを行えばOKです。

 

 

マッサージでくびれをつくる


お腹ぶよぶよは全て脂肪かと思いきや、意外と体がむくんでいて太って見えているということがあります。
脚のむくみにはみなさん敏感ですが、実はお腹周りもむくんでしまうということに気付いている人は少ないのではないでしょうか?
お腹のむくみがある場合、エクササイズにあわせてリンパマッサージも行えば、血流が良くなり無駄な老廃物や水分が出てスッキリしますよ。

 

 

マッサージのやり方


1分間でできる簡単リンパマッサージを紹介します。
① 体の中心を、胸の下から恥骨まで両手でさする。
② 親指以外の指を使い、みぞおちから脇腹まで肋骨に沿ってさする。
③ 両手の平を使って腹部をさする。腸の流れを意識して、時計回りにさするのがポイント!
④ 腰を左右にひねりながら腹部をさする。右手を左わき腹において横方向にさすり、同様に反対も行う。
⑤ 最後にお腹全体をたたく。気になるところは念入りに!

 

 

まとめ


エクササイズとマッサージを紹介しましたが、いかがでしたか?どれも簡単な内容なので、今日からでも始められそうですね。
美くびれの道は継続が大切になります。無理に回数を増やしたり色々なものをやるのではなく、続けられる内容から始めてみましょう!