お腹を痩せたい!お腹痩せトレーニングのポイント

どうにかして、ぶよぶよしたお腹をすっきりさせたい!そのためには運動も頑張れる!
そんなあなたにはトレーニングでしっかりと腹筋を鍛えるのがおすすめです。

 

お腹を痩せたい!お腹痩せトレーニングのポイント


お腹痩せにトレーニングなどの運動はとても効果的ですが、
より効率的な鍛え方をすれば、驚くほどスムーズにダイエットの成功が期待できますよ。

そこで今回は、簡単でかつ成果が期待できるトレーニングを紹介していきます。

 

 

お腹痩せトレーニングの効果


お腹周りをすっきりさせるには、筋トレが一番効果的です。
筋肉が衰えると、支えられていた内臓が下垂してぽっこりお腹の原因にもなってしまいます。
下がった臓器をキュッと元の位置に戻すためにも、腹筋を鍛えることは大切です。

また、筋肉をつけることで基礎代謝がアップするので、何もしていなくても燃焼するカロリーが増えます。
つまり、筋肉をつければ内臓の位置もキープでき、自然とカロリー消費量もアップするということです。

 

 

実践!お腹痩せトレーニング


お腹痩せに筋トレが効果的なのは知っているけど、
いざ筋トレ!と思っても、種類がありすぎて結局何をすればよくわからない….なんてことはありませんか?

では、数ある筋トレの中から、特におすすめのものを3つ紹介しましょう。

 

 

ニートゥエルボー


ストレッチと筋トレの間ぐらいのエクササイズになります。
比較的有酸素運動よりなので、無理なく続けることができ、ウエスト以外にも全身痩せに効果があります。

① 足を肩幅に開いて立ちます
② 右ひじと左ひざを体の前でクロスするようにタッチしてください
③ 最初の姿勢に戻ります
④ 同様に左ひじと右ひざでも行ってください
上半身が倒れないように行うのがコツです。
一定のリズムで行う運動なので、何か音楽を流しながら行うといいかもしれませんね。

 

 

クランチ


腹筋の筋トレといえばこれ!というエクササイズです。
お腹の中までギュッと効くので、基礎代謝がアップします。

① 仰向けに寝て脚を上げ、膝を曲げて90度の形にします
② 肩が上がるくらいまで状態を起こします。このとき反動はつけないようにしてください
手の位置によって負荷が変わるので、つらい人は体の横に手を置き、まだまだいけそうな人は胸の前で交差や頭の後ろで組んでみてください。

 

 

レッグレイズ


おへその下・下腹部を鍛える筋トレです。
腹筋をしっかりと使わないと、腰に負担がかかってしまうので気をつけてください。

① 仰向けに寝て、手を体の横においてください
② 息を吸い、吐きながら脚を地面から10cm~30cmあげてください
③ その状態を30秒ほどキープしてください。長ければより効果が上がるので、できる範囲で挑戦してみてください。

 

 

知っておきたいお腹痩せトレーニングのポイント


筋トレの方法以外にも、お腹痩せトレーニングをさらに効果的にするポイントがあります。
では、トレーニングを行う際には、どういったことを意識すればいいのでしょうか?
知っておくとプラスになるポイントを2つ紹介します。

 

 

有酸素運動を組み合わせる


トレーニングを行う際には、筋トレだけではなく有酸素運動も行うようにしましょう。
筋トレでは筋肉をつけ、代謝をアップさせることができますが、今ある脂肪を燃焼させるという点においては有酸素運動のほうが効果的です。
筋トレの直後のほうが有酸素運動の効果が上がるというデータがあるので、一通り筋トレをし終わったタイミングで、有酸素運動に取り組んでください。
有酸素運動は、30分以上は継続して行うことが重要です。

 

 

タイミングと回数は?


トレーニングは、食事前に行うのがベストです。
脂肪からエネルギーを取り出して消化するので、より効果が高まりやすいです。
それに加え、運動をすれば血糖値が上がるので食事量も自然と減少します。

また、筋トレを行う回数は、はじめからハードな目標は立てないようにしましょう。
トレーニングは継続することが大切です。
無理な回数を続けようとすると、絶対に続きません。
少し頑張ればクリアできる程度の目標設定を行い、徐々に回数を増やしていくようにしてください。
そうすれば次第に筋肉がつき、どんどん回数を増やせるようになりますよ。

 

 

まとめ


お腹痩せのトレーニングはいかがでしたか?
特別な器具を使うものもないので、今日からでも始められそうですね!
毎日継続していれば、必ず筋肉はついてきます。無理のない回数から、少しずつトレーニングをしてみてくださいね!