お腹の痩せ方!ぽっこりタイプ別ダイエット

カロリーの摂り過ぎや運動不足など、理由は個々で異なりますが、お腹がぽっこり膨らんで、なんとかへこませたい気持ちは、同じ悩みを抱える人であれば共感できると思います。
太り方も様々ですので、痩せ方もタイプ別に各種の方法があります。

 

お腹の痩せ方!ぽっこりタイプ別ダイエット

 


様々な角度からぽっこりのタイプを考えながら、簡単・即効性のある方法など、それぞれのダイエット法について解説していきます。

 

 

お腹の脂肪のつき方をチェック!


痩せたいという目的があるなら、まずはダイエット方法を適切に判断し、確実に効果をだしていく必要がありますよね!
お腹がぽっこりしてしまうのは、脂肪がつきやすく、その燃焼が弱いことでもあります。
どのような形で脂肪がついてしまうのか、脂肪のつき方を知ることで対処方法も変わってきます。

 

 

皮下脂肪でぽっこり


一般的に多いケースでは、皮下脂肪により、ぽっこりとお腹が膨らんでしまう状態があります。
皮下脂肪とは皮膚の下にある、つまむことができる場所に存在する脂肪ですので、わかりやすいと思います。
本来、体温維持の機能により体を守ってくれる皮下脂肪ですが、筋肉を動かして燃やさないと落ちにくい脂肪で、中性脂肪に比べて燃焼に時間がかかります。
特に筋肉の少ない女性は、男性より皮下脂肪がつきやすいといわれています。

皮下脂肪は年数の積み重ねで次第に脂肪が溜まっていくもので、減らすことが難しい脂肪でもあります。
ダイエットでも、とても苦労するのが、お腹の皮下脂肪ではないでしょうか。
皮下脂肪は、消費されることがなかったエネルギーを長い時間かけて徐々に脂肪として蓄え、エネルギーが不足した時に補えるように準備しているようなものです。
よって、体がエネルギーの足りない状態にならなければ減ることもありません。
減らすためには、食事制限だけでは不十分で、運動によってエネルギー消費をしないと脂肪燃焼にならないのです。

 

 

内臓脂肪でぽっこり


お腹ぽっこりの原因は、燃焼しきれない脂肪のためですが、脂肪の種類は皮下脂肪の他に内臓脂肪があります。
内臓の周りにつく内臓脂肪は、食事で必要以上のエネルギーを摂り過ぎ、消費しきれず溜まってしまうと内臓脂肪になります。
皮下脂肪と反対に、内臓脂肪は女性より男性につきやすいといわれています。

内臓脂肪の場合は、食事や運動で減らしやすい特徴があります。
お腹のどこにつくのかというと、内臓の周囲はもちろん、腸間膜や大網といった腹膜の表面についた脂肪も内臓脂肪です。
特に男性はつきやすいので、食べ過ぎや飲み過ぎには注意が必要です。

 

 

皮下脂肪がたまったお腹の痩せ方


いくつもの方法でダイエットをしていてもなかなか減ってくれない皮下脂肪ですが、効果的といわれているのが有酸素運動です。
時間をかけてエネルギーの消費をしていくことが効果的なため、長い時間運動ができる有酸素運動がおすすめなのです。
ただ、短期間では効き目がでない場合もありますので、ある程度長い期間をつかって脂肪を減らしていきましょう。

また、食事だけでは解消できないといわれていますが、食生活を見直すことも大切です。
例えば、糖質制限。ただし健康を崩すことのない程度の制限にしておくべきです。
唐辛子や黒酢など、食品の力で脂肪を燃焼させる方法もあります。

食品だけでなく食べ方にも改善点があります。
皮下脂肪を落としやすい食事の方法ですが、朝食を多めに、夕食は少なめにすると良いといわれています。

 

 

内蔵脂肪がたまったお腹の痩せ方


内臓脂肪は、内臓や腹膜などの周辺に発達した脂肪で、痩せ方は食事の改善が第一の手段です。
内臓脂肪がつきやすくなる食べ物としては、肉や揚げ物などが良く知られていますが、ご飯やパン、麺類、他甘いものなどの糖分を多く含む食品は、体内で分解されて、脂肪として蓄えられます。
逆に脂肪になりにくかったり、燃焼に役立つ食品もあります。
例えば、野菜類、寒天、コンニャクなどの食物繊維の多い食べ物、EPA・DHAを含む青魚。
酢には、体内で糖の脂肪蓄積の抑制、加えて脂肪の燃焼を促進する効果もあります。
カテキンは脂肪の蓄積を妨げる効果があるため、緑茶も内臓脂肪の解消におすすめの飲み物です。

 

 

 

 

まとめ


お腹ぽっこりの原因『皮下脂肪』、『内臓脂肪』の痩せ方についてご説明しましたが、運動や食生活の改善などは、健康維持全体に対しても大切なことですので、ぜひ習慣にすることをおすすめします。
ご紹介した方法の他にも、漢方など口コミで話題にされているダイエット法もありますので、脂肪の種類なども理解して自分に合った対策を試してみると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?