これなら簡単!お腹を痩せるために今すぐできること

ぽっこりお腹の原因は、お腹の脂肪によるケースが多いのですが、その脂肪がつく原因は一般的に運動不足や筋肉の衰えなどによるものが多いようです。
エステやサプリメントで、体の内側から改善する方法も多く話題にされていますが、継続して費用がかかることを考えると、もっと簡単にお腹が痩せる方法があったら良いですよね。

 

これなら簡単!お腹を痩せるために今すぐできること


そこで今回は、お腹痩せのために簡単にできるダイエットをご紹介します。
空いている時間に少しずつ行い、習慣にすることで、お腹の脂肪を減らすことが期待できますよ。

 

 

お腹を温める


エステや美容外科など専門家のいる施設に行ったり、断食などの少し大げさなイメージで行うダイエットには、ためらいのある方も多いと思います。
特に、痩せたい部分はお腹だけ、という人には、もっとピンポイントで簡単にダイエットしたいですよね。

そんな人にピッタリなのが、お腹を温めて痩せる方法です。
そんな簡単なことで? 温めるだけでお腹が痩せるなんて本当? 
と疑問もあるもしれませんが、それにはきちんとした理由があります。

お腹ぽっこりは、お腹につきすぎた脂肪が関わっているわけですが、元々お腹は栄養吸収を仕事にしている内臓が近くにあるため、太りやすい部位だともいわれています。
内臓が近くにあることで、皮下脂肪が多くついてしまうことに加えて、内臓自体にも脂肪がついてしまい、お腹がぽっこりしてしまうという仕組みです。
つまり、内臓自体の脂肪をなくさない限り、お腹のぽっこり解消にはならないのです。

そして、脂肪をなくすためには、ついた脂肪を燃焼させる必要があります。
脂肪を燃焼させるには、体の基礎代謝がうまくできていることが条件で、さらに内臓の状態によっても結果が変わってきます。
例えば、内臓が冷えている状態では内臓機能の働きも悪く、基礎代謝の機能も低下してしまう可能性があります。

そのような理由から、お腹を温めて、冷えを解消すれば、内臓や基礎代謝を良い状態にできますので、結果的に痩せる機能が働きやすくなり、ダイエットにつながることもあります。
また、お腹を温めることで便秘の解消や、女性特有の不調などにもメリットが大きいので、是非取り入れたいダイエット方法です。

 

 

お腹のマッサージ


自宅で簡単に行えるダイエット方法のひとつに、マッサージがあります。
実はマッサージは、直接脂肪に作用して痩せるという医学的な根拠はありません。
本来痩せるには、脂肪を燃焼させることが必要なのですが、お腹を揉んだだけで脂肪が燃焼するわけではないのです。

では、なぜマッサージがダイエットに効果的なのでしょうか?
それは血液・リンパの流れから可能性を考えたものです。
マッサージには血行を良くして、リンパの流れをスムーズにする効果があり、血液やリンパの流れが良くなると、老廃物などを排出する機能が高まります。
老廃物の排出が調子良くなることで脂肪の燃焼もしやすい状態になりますし、むくみの解消にもとても効果的です。

お腹がぽっこりしている、という状態は、血行や代謝が悪くなっていることも大きく関わってきます。
ですから、やみくもに運動をしたり脂肪燃焼を狙うよりも、まずはマッサージで脂肪燃焼しやすい状態をつくる、ということが大切になってくるのです。

 

 

呼吸を意識する


普段何気なく行っている呼吸ですが、意識して行う呼吸法によって、お腹ぽっこりに効き目があらわれる場合があります。
それは、健康雑誌やインターネットでも話題にされている「呼吸法で行うダイエット」や「ヨガ」でも重要視されているのが『深い呼吸』です。

呼吸の仕方は、普段意識して行う機会は少ないと思いますが、呼吸の仕方によって体も変化するのです。
そのためには、深い呼吸を毎日続けることがポイントです。
だんだんと深い呼吸の時間を増やすことで腹筋も鍛えられます。

呼吸法はいろいろとありますが、その中でもお腹ダイエットに効果的だと話題なのが「ドローイン法」です。
深呼吸に似た、とても深い呼吸法です。

では、「ドローインダイエット」の方法を簡単にご紹介しましょう。

1番目に、まず、息を吐き、へそを意識して引っ込める感じにします。腹筋の奥の筋肉を背中にくっつけるようなイメージで行います。
2番目に、1番と同時進行で、お尻に力を入れた状態をキープし、内臓を上にグッと上げる感じにします。
リラックスした状態で、1番目と2番目の状態を10秒間キープして、10セット行います。
腹と肛門を引っ込める → 腹横筋などの体幹部の筋肉に刺激を与える → お腹が引き締まる、という流れで効果が生まれてきます。

 

 

 

まとめ


お腹に直接アプローチするダイエット方法をいくつかご紹介しましたがいかがでしたか?。
費用もかからず、道具も一切使わない、簡単であまり場所を選ばず、即できる方法ですよね。
どの方法も、普段の心がけ次第で行えるものばかりですから、意識して継続してみましょう。