簡単!ツボ押しで顔のたるみを解消

気になる顔のたるみ・・。老け顔の象徴であるたるみは、顔の筋力や肌の弾力の衰え以外に、顔に溜まった老廃物による「むくみ」も原因となります。
体のむくみと同じく、顔も血のめぐりが滞ってくると、だんだんと代謝が悪くなり、潤いやハリが失われてきます。
肌にハリが失われると、肌が重力に耐えられず下へさがり、「顔のたるみ」となっていくわけです。

 

簡単!ツボ押しで顔のたるみを解消


顔のたるみを解消するには、肌や筋肉のコリをほぐしてリフトアップさせるマッサージやツボ押しがオススメです。

中でもツボ押しは、血の巡りをスムーズに整えて顔のコリを改善しながら、肌の新陳代謝も高めてくれると言われています。
今回は、そんな顔にたまった老廃物をスッキリさせる「ツボ押し」をご紹介します。

 

 

顔のたるみに効く「ツボ」とは?


そもそも「ツボ」とは何なのでしょうか?ツボは体のあらゆる場所に存在しますが、ひとことで言うと「神経が密集している場所」です。
神経は、体や脳に正しい情報を伝えるのに重要なものです。肉体の疲労やストレスなどで神経に負担がかかると、うまく働かなくなり、肩こりやむくみなどの原因となります。
ですから、この「ツボ」を刺激し神経の働きをよくすることが、それらの不調を改善することに繋がるのです。

ツボは顔にもたくさん存在し、刺激することで顔のむくみやたるみの改善につながります。
リフトアップなど、即効性がある場合もあるので、ぜひ実践したいですね。

 

 

目元のたるみ解消のツボ


まず、目元のたるみ解消のツボをご紹介します。
目の周りの皮膚はとてもデリケートなので、やり過ぎないように注意しましょう。

 

 

球後(きゅうご)


場所:目尻から斜め下にある骨のくぼみの内側部分にあるツボです。
ツボ押し方法:人差し指か中指で、目尻方向に軽く叩きながら刺激します。

 

 

魚腰(ぎょよう)


場所:黒目の位置から上へ垂直に、眉毛のすぐ下あたりにあるツボです。
ツボ押し方法:親指を横にして、指の腹の部分で眉毛を押上げるように刺激します。

 

 

 

頬のたるみ解消のツボ


つぎに、頬のたるみ解消のツボです。頬のたるみは顔全体のむくみを取ることが重要です。

 

 

四白(しはく)


場所:黒目の位置からまっすぐ下がり、下まぶたから1.5cmほどのくぼみにあるツボです。
ツボ押し方法:目を閉じて、人差し指の腹で上方向にむかってゆっくり押すように刺激します。

 

 

下関(げかん)


場所:耳の上部の付け根から、アゴの骨にそって下になぞて凹みがある部分です。(口を開けると骨がポコッと出る場所)
ツボ押し方法:人指ゆびの腹で優しく押しながら、皮膚を上に押し上げるようにグリグリとマッサージします。

 

 

ほうれい線解消のツボ


ほうれい線の解消には、頬の筋肉をリフトアップさせるツボや、口角を上げるツボが効果的です。

 

 

迎香(げいこう)


場所:小鼻の両脇と黒目から垂直に下がった線が交わるところにあるツボです。
ツボ押し方法:人指を縦にした状態で、ゆびの腹を使って軽く押します。

 

 

地倉(ちそう)


場所:口角の両脇にあるツボです。(口角から指の半分くらい外側)
ツボ押し方法:中指の腹で口角を引き上げるように軽く押しながら、円を描くようにほぐします。

 

 

ツボ押しの前に準備したいこと


顔のたるみは、顔に溜まった老廃物だけでなく、頭皮のコリやたるみも原因になります。
ツボ押しの前に、頭皮マッサージで血行を良くしておくことで、ツボ押し効果も高まりますよ。
また、肌が乾燥した状態で行うと、肌を傷つけることがありますので、保湿をしっかりと行ってからにしましょう。
お風呂あがりなど、体が温まった状態で、スキンケアをするタイミングなどが良いですね。