水素は肌から吸収できる?水素風呂の効果とは

健康やアンチエイジングに効果があるといわれる水素水。
水素水をミストとして肌にあてたり、パックにしたりと様々な使い方が紹介されていますが、肌から吸収することはできるのでしょうか?

 

水素は肌から吸収できる?水素風呂の効果とは


最近話題の水素風呂と合わせて、その効果について紹介していきます!

 

 

水素は肌から吸収される?


飲むことで効果があるのはなんとなくイメージがつきますよね。
しかし、肌に水をつけるだけだと、正直吸収されるとは思えません。

しかし実際は、水素は肌から吸収されるといわれています。
その秘密は分子サイズにあります。
水素は非常に小さな分子になっているため、表皮の隙間から入り込み奥にまで届くこと言われているのです。

細胞まで浸透した水素は、悪玉活性酸素といわれるヒドロキシラジカルと結びつき、水へと変わり排出されます。
老けを促進する悪玉活性酸素だけを選び、強力な抗酸化作用を働かせるなんて、水素水はすごいですね。
ビタミンCなども抗酸化作用がありますが、水素の抗酸化作用は比べ物にならないぐらい高いんですよ。
より短期間で効果を実感できそうですね。

 

 

水素風呂に期待できる効果とは?


水素がたっぷりと含まれた水素風呂に入ると、全身の肌から水素が吸収されるだけではなく、呼吸からも取り込むことができます。
言葉通り、全身で水素を吸収するといった感じですね。
すでに紹介したように、水素の分子はとても小さいため肌の奥まで水素を届けることができます。
お風呂に入っていると全身が水素と触れ合っている状態になるので、顔の肌はもちろんのこと、背中や腕、お尻などの肌にも効果を期待することができます。

具体的には、シミやシワ、くすみの改善、日焼けなどの消炎効果、保湿効果があるといわれています。
また、乳酸を抑制する働きもあるので、運動をした後の疲労回復にもぴったりです。
普通の入浴に比べると、より血行促進効果が高いので、冷え性の方にもおすすめですよ!湯冷めがしにくく、体の芯から温まるという声もあります。

背中のニキビが気になる、アトピーが気になるという方にも注目されています。
水素水風呂に入ると炎症が収まり、代謝が促進されることで徐々に改善されて肌がキレイに戻るという体験をした人も多いようです。
お風呂であれば、一気に全身のケアができるので、効率的にケアができそうですね。

 

 

水素風呂の方法


お風呂に水素を発生させるには、いくつかの方法があります。
入浴剤を使う、水素を発生させるマシンを設置するなどです。
それらの製品により水素の量などは変動しますが、基本的に皮膚から入った水素が体をめぐるには、7分程度の時間が必要だと言われています。
そのため10分以上はお風呂につかるようにしましょう。長風呂ができるように、ぬるめの温度に設定しておくのがおすすめです。

入浴時間が長ければ長いほど効果を感じやすいので、半身浴をしながらのんびり入浴を楽しみましょう。
アロマを使えば、リラックス効果もアップしますよ!
体にたっぷりと水素が入るように、深い呼吸で口からもしっかりと水素を吸収してあげてください。
肌はもちろんのこと、髪にも効果があるのでお風呂につかりながら髪にも水素を補給してあげてくださいね。

 

 

まとめ


肌から水素が吸収できるなんて、驚きですね!
化粧水として水素水を使ってみるのもいいですが、お風呂だと全身に水素を触れさせることができるので、様々な悩みに効果が発揮できそうです。
顔の肌に悩みはなくても、背中のニキビやざらつき、お尻の黒ずみが気になるという場合がありますよね。
そんな悩みを持つ方には、水素風呂がおすすめですよ!まずは市販の入浴剤で試してみてくださいね。