あなたはどのタイプ?顔のくすみの原因とは

お肌がくすんでいると、とても憂鬱な気分になりますよね。
特に加齢によるくすみは、お肌の曲がり角を実感させられてしまいます。
中には20代で顔のくすみが出始めてしまう人も。

 


顔がくすむのは、一体なぜなのでしょうか?
 

 

肌がくすむとどうなる?


肌がくすむと、肌が暗く見えてしまうことがほとんどです。
「化粧ノリが悪く、どうも顔色が悪く見えてしまう…。」
「乾燥してお肌にツヤが出ない…。」
鏡で自分の顔を見た時、こんなふうに感じたらそれが”お肌がくすんでいる”ということなのです。

 

くすみの原因その①乾燥


お肌がくすんでしまう原因はいくつかありますが、
その一つに、乾燥によるくすみがあげられます。

 


保湿が不十分で肌が乾燥すると、肌表面の角質が毛羽立ちます。
すると、肌のツヤがなくなり暗くくすんで見えてしまうのです。

 

 

乾燥によるくすみの改善法



乾燥が原因のくすみを解消するには、とにかく保湿ケアを怠らないことです!
洗顔後など、肌から水分が失われた時は、素早く化粧水などで保湿するようにしましょう。
セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸が含まれた化粧水などを使うことで、保湿効果を高めることができますので、ぜひ使ってみてください。
 

 

 

くすみの原因その②血行不良


血行不良も、くすみの原因のひとつです。
このくすみの場合は顔色が悪くみえるのも特徴で、肌が青黒くなってみえるのです。

 


実際、血の流れが悪くなっているのですから、肌だけでなく体の調子もよくないことが多いですね。

 

 

血行不良によるくすみの改善法



血行不良が原因のくすみの場合、体をあたため、血行を良くすることで改善することができるでしょう。
軽い運動や顔面マッサージ、寝る前に湯船に浸かって体を温めるのも効果的です。

睡眠不足やストレスも、血の流れを悪くする原因と言われていますので、
ぐっすり眠れるように生活を見直し、適度にストレスを解消できるような趣味が持てるといいですね。
 

 

くすみの原因その③肌の汚れ



日頃のスキンケアがきちんとできておらず、汚れを落としきれていなかったりすることも、くすみの原因となります。

 


このくすみの場合、肌が黒ずんでいることに加え、ゴワゴワとした見た目にもなってしまいます。

 

 

肌の汚れによるくすみの改善法



お肌の汚れが原因のくすみの場合、まずは正しい洗顔を身につけることが必要です。
ゴシゴシ洗いで洗顔してしまっている人は、優しく包むようにお肌の汚れを洗い流すよう心がけましょう。
そして洗い残しがないよう、何回もお肌をすすいでください。

また、酵素洗顔やスクラブ洗顔も、古い角質除去に効果的です。
ただし「くすんでるから、毎日やらなきゃ!」という考えはNG。洗浄能力が強すぎるため、お肌に余分な負担を与えてしまいます。
多くても週に一度程度にして、酵素洗顔・スクラブ洗顔後にはしっかりと保湿をしてください。

 

 

くすみの原因その④紫外線


紫外線を浴びると日焼けするだけではなく、くすみの元となる「メラニン」色素が生成されてしまいます。

 


通常、メラニン色素は新陳代謝によって自然と消えていくのですが、
代謝機能が落ちていると、メラニン色素は頑固にお肌に残り、結果お肌のくすみとなってしまうのです。

 

 

紫外線によるくすみの改善法



対策としては、とにかく紫外線を避けることです。
ですが日常生活を送る上で外出を避け続けることは困難ですから、日焼け止めや日傘、帽子などをうまく使って紫外線から身を守りましょう。

紫外線を浴びてしまった場合は、メラニン色素を追い出す必要があります。
メラニン色素を薄くする効果のあるビタミンCを多めに摂取し、
肌の代謝機能を高めるために睡眠時間をしっかり確保してください。

 

 

 

まとめ

 


いかがでしたか?
あなたのお肌のくすみの原因がおわかりになったでしょうか?

肌のくすみは、肌の代謝機能を高め、保湿をしっかりし、健康的な生活をするよう心がけるようにすれば自然と治癒していきます。
治癒するまでの間は、コントロールカラーが入った化粧下地などを活用して、くすみを隠しておきましょう。