スチーム、イオン、美容家電の効果的な使い方

エステに行きたいけど、定期的に行くには料金が....。
そんな女性の間では、自宅でセルフケアができる美容家電が人気です。
どれも効果がありそうだけど、結局どの美顔器を使えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

スチーム、イオン、美容家電の効果的な使い方

 


今回は、数ある美顔器の中からあなたにぴったりのものが見つかるように、それぞれの特徴を紹介していきます。

 

 

美顔器の種類別・使い方&注意点


美顔器といえばこれ!「超音波美顔器」が一番有名ですね。
その名のごとく、人には聞こえない高周波の超音波を使い、肌に振動を与えるというものです。
振動をさせることで肌の汚れを浮かせたり、血の巡りを良くする効果があります。
製品により振動数が異なりますが、振動数が高いと汚れの除去、低いと細胞の活性化に効果が期待できるといわれています。
使い方は下から上にリフトアップするように肌にあてるだけなのですが、その際、水分を多く含むジェルや美容液が必要になることが多いです。

エステで施術されるイメージが強いイオン導入器も、美容家電として販売されています。
微弱な電流を肌に流して、肌のバリア機能を一時的に弱めます。
そうすることで、肌の奥深くまで美容成分を届けることができるという美顔器です。
使用する化粧水などの選び方がポイントになっていて、成分の粒子が細かいほどいいといわれています。
ヒアルロン酸などは粒子が大きいので、成分が奥まで届きにくいです。
超音波とは異なり、肌に直接あてるわけではありません。
コットンやフェイスパックの上から器械をあて、肌を滑らせるようにケアをしていくというスタイルになります。

最もお手軽に使えるものとして人気なのが、スチーム美顔器です。
粒子の細かい蒸気を発生させ、肌にあてるという器械です。
使うものは水のみということもあり、ランニングコストがかからないのがポイントです。
加湿器などから出る蒸気より、更に細かい蒸気が、肌の奥深くまで水分を届けてくれるため、保湿ケアをしっかりとすることができます。
また、温かい蒸気が毛穴を開いてくれるため、奥に残った汚れも落とすことができます。
このように色々な効果が期待できるため、目的に合わせて様々な使い方ができるのが特徴です。

 

 

肌のタイプ別オススメ美顔器


お肌のハリ、ほうれい線、たるみなどが気になる方には、超音波美顔器がおすすめです。
超音波の振動が細胞の動きを良くするため、新陳代謝がアップします。
そうすることで、肌のハリもアップして、たるみやほうれい線の改善にも期待が出来ます。

ニキビ跡やくすみ、シワなどが気になる、美白をしたいという方には、イオン導入器が効果的です。
イオン導入器は、美容成分が肌の奥まで浸透するような状態を作ってくれます。
吸収率は、通常の時に比べ、約30~100倍も上がるといわれています。
粒子の細かい成分は浸透しにくいですが、ビタミンCやプラセンタは粒子が細かいため、浸透しやすいといわれています。
そのため、それらの成分が作用する美白やシワなどに、高い効果を発揮します。

毛穴の黒ずみや開き、肌の汚れが気になる方には、スチーム美顔器が一押しです。
温かいスチームが毛穴を開いてくれるため、角栓や皮脂汚れをしっかりと落とすことができます。
細かいミストが浸透し肌が柔らかくなるため、古い角質や汚れも落ちやすくなるのが特徴です。
汚れを落として保湿ケアをすれば、気になる毛穴もキュッと引き締まりやすくなると言われています。

 

 

まとめ


それぞれの美顔器には得意分野があります。
自分の肌の悩みが何なのかということを整理し、それに合わせた美顔器を使うことが美肌への近道になります。
そうはいっても悩んでしまうという方は、まずはランニングコストがかからないスチーマーが1番おすすめですよ!