スチーマーの効果的な使い方とは?意外と知らないスチーマーの基本

家電量販店に行けば立ち並ぶ美顔器たち。
様々な種類がある中でも、特に水があれば簡単に使える美容スチーマーが人気です。
ですが、とりあえず購入したものの、本当にこの使い方であっているのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

スチーマーの効果的な使い方とは?意外と知らないスチーマーの基本


そこで今回はそんなスチーマーの、効果的な使い方を紹介します。

 

 

スチーマーとは?


自宅でエステ気分が味わえるスチーマーは、細かい微粒子のスチームを肌にあてる美顔器です。
お風呂の水蒸気と違い、非常に粒子が細かいため、肌の表面だけではなく奥にまで届きます。
そのため、スカスカのスポンジ状態の肌を、しっかりと水を含んだような状態に導いてくれます。

そして、何と言っても蒸気をあてるだけという手軽さが人気で、最近では様々な機能を持った製品が販売されています。
自宅でもオフィスでも、様々な場所で使えるようなものや話題の水素水を使用したものまで、使用用途に合わせて選べるのもうれしいポイントです。

効果は大きく3つあり、保湿・血行促進・クレンジング効果があります。
毛穴に詰まった汚れの除去や乾燥した肌のハリや弾力のアップ、代謝アップでくすみ改善など女性にうれしい効果がたくさんあります。
肌の乾燥は、肌荒れだけではなくシワやほうれい線の原因にもなってしまいます。
保湿ケアをしっかりとすることで、様々なトラブルを回避することができますよ。

 

 

スチーマーを使う際の注意点


それだけ効果が期待できると、ついつい長時間使いたくなりますよね。
ですが、高温の蒸気をあてすぎると、毛穴が開きすぎてそのまま収縮しないということになりかねません。
もし毛穴が開いたままになると、毛穴から水分が蒸発してしまい、ドンドン肌の水分が失われて行ってしまいます。
保湿をするはずが、逆の効果になってしまうなんて本末転倒ですね。

また、長時間使わなくても、スチーマーを使った後にはしっかりと保湿をする必要があります。
そうすることで毛穴が広がることを防ぐことができますよ。
本来の効果を発揮するためには、使い方に注意をする必要がありますね。

 

 

スチーマーの効果的な使い方


まずは、スチーマーを肌に慣らすようにしましょう。毎日使いたくなってしまいますが、肌はとても敏感なので急な刺激が肌荒れにつながります。
初めは週に2~3回ほど使い、肌の様子を見るようにしてください。

フェイシャルケアで利用する場合には、クレンジングや洗顔をしっかりとしてから蒸気を充てるようにしてください。
毛穴のつまりがそのままになってしまったり、顔に残った成分がそのまま肌に浸透してしまう可能性があります。
きれいな状態で水分を届けてあげるようにしましょう。

汚れをしっかりと落とすためにクレンジングに使いたい!という場合は、蒸気で毛穴を開きながらクレンジングを行うのがおすすめです。
オイルクレンジングだと肌が乾燥してしまう場合は、クリームクレンジングでマッサージをしながら汚れを落としてみてくださいね。

様々な使い方がありますが、最も重要なのが最後の保湿ケアです。
いくら美顔器で水分を補給したとしても、そのままでは結局水分が蒸発してしまいます。
化粧水と乳液でしっかりとふたをしてあげるのがポイントです。

 

 

まとめ


スチーマーの効果的な使い方はいかがでしたか?
肌に直接あてるものだからこそ、正しい使い方をしていないと逆効果になってしまうことがあります。
同じ使うのであれば、より効果が上がるようにポイントを押さえて使いましょう!
ひと手間かけてあげるだけで、まるでエステ帰りのような美肌を目指すことができますよ。