顔のリフトアップでシワやほうれい線を撃退!!

最近こんな悩みはありませんか?

・シワが気になる
・頬がブルドッグのように垂れている
・ほうれい線が目立つ
・二重あごになってきた

どれも見た目を老けさせてしますので、女性にとっては大きな悩みです。
たるみをしっかりとケアしてあげれば、見た目もいきいきとして若々しい印象になりますよ!

 

顔のリフトアップでシワやほうれい線を撃退!!



そこで今回はしわやほうれい線を改善するための、リフトアップ方法を紹介します。

 

 

シワやほうれい線は顔のたるみが原因


そもそもシワやほうれい線はどうして起きるのでしょうか?
加齢とともにできるものという印象がありますが、具体的には肌のたるみが大きな原因になっています。

年齢を重ねるにつれて、顔の筋肉は衰えていきます。
顔には30種類以上の筋肉があり、それぞれが皮下脂肪を支え肌をキープしています。
その支える力がなくなることで、皮下脂肪が重力に負けて垂れ下がってしまいます。

また、むくみもたるみの原因になりえます。
老廃物が溜まりリンパの流れが悪くなってしまうと、肌がパンパンになってしまいます。
放っておけばむくみも解消されるだろうと思いがちですが、解消しきれなかったものが少しずつたまっていき、それが重力に負けて下に引っ張られるとたるみになってしまうのです。
このような背景があるため、重力に負けないような土台作りが大切になってきます。

 

 

表情筋を鍛えてリフトアップしよう


定番の「あ・お・う・え・お体操」を紹介します。
やり方はとても簡単で、あ~おまで口の形を作っていくだけです。
ポイントはゆっくりと大きく動かすことです。

あ:口を大きく縦に開きながら、目を大きく見開くようにしてください。
い:口の両側を思い切り引っ張られるようなイメージで開いてください。
う:唇を前に突き出すようなイメージで、酸っぱいものを食べた時のような感じですぼめます。
え:口を四角に開くようなイメージで動かしてください。
お:口を縦長に引っ張るように思いきり広げてください。

それぞれ10秒ほどキープすればOKです。
ただし、この体操は適度な回数を行うのがポイントなので、1日2~3回にとどめてやり過ぎないようにしてください。

 

 

マッサージでたるみをリフトアップ


たるみの原因に一つにむくみがあることから、マッサージで血の巡りとリンパの流れを良くすることでリフトアップ効果を期待することができます。
またむくみがすっきりとするので、フェイスラインがすっきりして小顔効果がありますよ。

① クリームやジェルを顔と首に伸ばします。
② 首のリンパを流すために、首筋を左右10回ずつなでおろします。少し痛いぐらいの強さで、リンパの通り道をすっきりとさせましょう。
③ 親指をあご先にあて、耳に向かってフェイスライン沿いにさすります。
④ 頬の老廃物を流します。口角から耳、頬骨の下から耳、小鼻の横から耳にかけてさすります。親指の腹を使うようにしましょう。
⑤ 中指の腹を使って、目の周りのツボを押します。目の下と眉の上、こめかみを押してください。眉の下は親指で押します。
⑥ 最後にリンパを流してあげましょう。首のリンパを左右10回ずつマッサージして鎖骨のツボを押せば完了です。

肌に摩擦の負担をかけないために、必ずクリームやオイルを使うようにしてください。
朝と夜の2回行うのがおすすめなので、メイク前とお風呂タイムに行ってみてくださいね。

 

 

まとめ


リフトアップのためのエクササイズとマッサージを紹介しましたが、いかがでしたか?
どちらもそれほど時間がかからないので、気軽に毎日できそうですね。
継続することがポイントになってくるので、無理のない範囲で少しずつ生活に組み込んでいくようにしてください。