口元に出来たシワ、ほうれい線を消す方法

あれ?口元にハの字のシワができている!
鏡を見て見た目が一気に老けてしまうことに、ショックを受ける女性は多くいます。
若い人の写真の口元に線を入れるだけで一気に老けることから、ほうれい線の老け効果はすごいことが分かります。

 

口元に出来たシワ、ほうれい線を消す方法


そんな「ほうれい線」。気になるけどどうケアすればいいのか分からない…
という人のために、今回はほうれい線を含む口元のシワを消す方法をご紹介します。

 

 

口元にあるシワの原因


口元のシワの原因は、大きく3つあります。

1つ目は乾燥によるシワです。
細かいちりめんジワができている場合は、乾燥が原因であることが多いです。
乾燥をすると肌は硬くなりカサつき、シワができやすい状態になってしまいます。
細かいシワなのでそれほど目立ちませんが、シワが集まると深いしわになってしまう可能性があります。

2つ目は表情によるシワです。
「笑いジワ」という言葉があるように、笑ったりして口元を動かすと、何度も同じところにシワが寄ってしまいます。
さながら形状記憶のように皮膚が形を覚えてしまい、シワになっていきます。
笑わずにいることは無理なので、自分の表情癖を知って対策をとることが大切になってきます。

3つ目は筋肉老化によるシワです。
人間の顔は多くの筋肉で構成されていて、脂肪などを支えています。
表情が乏しい人はあまり顔の筋肉が使われないので、どんどん筋肉が衰えてしまいます。
そうすると重力に負けてたるみが起きてしまい、それがシワへとつながっていきます。

 

 

口元のシワの改善方法


乾燥シワには、保湿がとにかく大切になります。化粧品を保湿ケア用のものに変更しましょう。
ヒアルロン酸などの成分が入っているものがおすすめです。
スチーマーやシートマスクでスペシャルケアをしたり、部屋に加湿器を置くのもいいかもしれませんね。

表情ジワは、同じような動きをしないように癖を把握することがポイントになってきます。
なかなか難しいですが、笑うときにいつもどういったところに力が入っているのかなどをチェックしてみてください。

筋肉の老化は背草サイズで解消しましょう。
顔の筋肉は他の部位に比べて薄いので、比較的簡単に鍛えることができます。

色々なエクササイズがあるので、中でもおすすめのものをご紹介しましょう。

 

 

ほうれい線や口元に効くエクササイズ


ほうれい線対策で最も有名なエクササイズが、舌回しエクササイズです。

① 舌を前に出し、先を鼻の頭につけるようなイメージで伸ばしてください。5秒キープし元に戻すという流れを3回行ってください。
② 口を閉じた状態で、舌をぐるりと回します。内側から押すようなイメージで、ゆっくりと動かしてください。
③ 右回りを10回、左回りを10回行います。

これを1日2~3セット行ってみてください。
はじめのうちはかなり疲れると思うので、できる回数から少しずつ調整をして継続して行うようにしましょう。
口元が隠れていればどこででもできるので、マスクをしている時期は通勤や仕事中にも実践することができそうですね。

口の中から鍛えるエクササイズもおすすめです。
① 口の中に左右の人差し指を入れます。
② 内側から筋肉を伸ばすようなイメージで、下から上、上から下へと指を滑らします。

ゆっくりとほぐすように動かすのがポイントです。痛みを感じた場合は、筋肉がこっている証拠ですよ!

 

 

まとめ


一言で口元のシワといっても、様々な種類がありましたね!
自分のシワがどういうものなのかを知り、それに合わせて対策をとればより効果がきたいできます。
まずは自分のシワの種類をチェックしてみてくださいね。
エクササイズはどれも簡単なので、継続できる回数からはじめて少しずつ回数を増やしていくのがおすすめです。