ほうれい線はいつから出来る?20代のほうれい線対策

ほうれい線といえば加齢とともにできるもの、というイメージが強いです。
ほうれい線ができる原因は様々なものがあり、確かにその一つに加齢があります。

 

ほうれい線はいつから出来る?20代のほうれい線対策


ですが、実は加齢以外にも原因があるので、若い人でもほうれい線がくっきりと目立ってしまうことがありますよね。
では、一体いつからほうれい線はできてしまうのでしょうか?

 

 

若くてもほうれい線は出来る!?20代のほうれい線の原因


まだ大丈夫と安心していても、何の気なしに鏡を見るとほうれい線が...という若い人もいます。
意外なことがほうれい線につながることがあるので、それぞれ原因をチェックして対策をとっていくのが大切になってきます!

 

 

原因1:乾燥


肌の乾燥は、ほうれい線の原因の一つになります。
乾燥とどうつながるの?と思いますが、実は肌の乾燥は様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。
本来肌はハリがあり柔らかいものですが、乾燥をしているとゴワゴワと硬くなってしまいシワができやすくなります。
また、ハリが失われることでたるみにもつながり、結果としてほうれい線ができてしまいます。
クレンジングや洗顔で肌の水分をとりすぎていたり、スキンケアをしっかりしていなくて十分に保湿ができていないという場合が多いです。

 

 

原因2:むくみ


顔のむくみも、ほうれい線の原因になりえます。
老廃物や余分な水分がたまると、顔がむくみます。
重力による下への力がかかると、むくんだ肌がたるんでしまい、ほうれい線ができやすくなってしまいます。
働き始めて運動をすることが減ってしまったり、塩分やアルコールをとりすぎたり、デスクワークで姿勢が悪くなっていることでむくみが発生してしまいます。

 

 

原因3:紫外線


紫外線によるダメージも原因としてあげられます。
紫外線は肌のコラーゲンを破壊し、肌の老化を促進します。
夏には日焼け止めをしっかりと塗っている人が多いですが、紫外線は1年中あるので通年で対策をとる必要があります。

 

 

くっきりほうれい線になる前の予防法


では、ほうれい線を予防するにはどうしたらよいのでしょうか?

まずは、保湿ケアをしっかりとするようにしてください。
昔は潤っていた肌も、年々肌質が変わってきます。
足りない部分を補うためにも、ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれたコスメを使うのがおすすめです。
保湿だけではなく、ハリや弾力アップの効果がある成分も入っていると、美肌のためにも一石二鳥ですね。

合わせて、クレンジングの種類を見なおしましょう。
メイクの薄い人はオイルではなく、ジェルタイプのものに変えてみたり、水分をとりすぎないタイプのものを選んでください。

定期的な運動や入浴で、血の巡りを良くすることも大切です。
ウォーキングなどの軽い運動でOKなので、運動を生活の中に取り入れてみてください。
移動には階段を使う、などの方法も効果的ですよ。
シャワーで済ませがちな人は、湯船にゆっくり使って体を芯からあたためるようにしましょう。
むくみが解消されるだけではなく、冷えにも効果があるのが嬉しいポイントです。

紫外線は、日焼け止めでブロックします。毎日本気でレジャー用の日焼け止めを塗る必要はありません。
肌への負担が少ないジェルタイプや塗りやすいスプレータイプなど、最近では日焼け止めの種類が多いです。
シチュエーションにあわせて、日焼け止めを使い分けてください!

 

 

まとめ


ほうれい線には様々な原因がありましたね。何か心当たりがあるものはありましたか?
若い人でもほうれい線で老け顔になる可能性があるので、日頃から予防をするようにしましょう。
日常生活の中で気軽にできる対策ばかりなので、早めに予防を始めて老け顔にならないような美肌を目指しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?