たったの3分で出来る!ほうれい線を消すトレーニング

なんだか老けて見られるようになったかも…。
その原因はもしかしたらほうれい線にあるのかもしれません。

 

たったの3分で出来る!ほうれい線を消すトレーニング


最近では若い人でもほうれい線が目立つことがあり、女性にとって悩みの種です。
そんなほうれい線ですが、実はセルフケアで改善をすることも可能です。
今回は気軽にできるトレーニングを紹介します。

 

 

ほうれい線トレーニングの効果とは?


ほうれい線の原因は、肌の乾燥やむくみなど様々なものがあります。
その中でも1番影響しているといわれているので、顔の筋肉の衰えです。

顔には様々な筋肉が存在し、脂肪を支えています。
その筋肉が衰えてしまうと、たるみが生じほうれい線につながってしまいます。
そのため、顔の筋肉を鍛えるトレーニングをすれば、ほうれい線の改善が期待できるのです。
また、脚やお腹の筋肉に比べ、顔の筋肉は効果が出やすいといわれています。
口元の筋肉を鍛えて、引き締まった口元を目指しましょう。

 

 

ほうれい線トレーニングその1:口輪筋トレーニング


口輪筋は顔全体の筋肉と直接的&間接的につながっているので、ほうれい線の改善だけではなく顔全体のたるみにも効果があります。

① 両手をほうれい線に沿うように置き、口輪筋全体を覆ってください。
② 場所はそのままで、指の腹を使って時計回りに10回まわします。
③ 同様に反対周りを10回まわします。
このトレーニングを1日2回行ってください。
ポイントは肌を擦るようにするのではなく、筋肉をほぐすように回すことです。

 

 

ほうれい線トレーニングその2:舌回しエクササイズ


ほうれい線改善のトレーニングでは、最も有名なものになります。
どこでも気軽にできて小顔効果もあるので、特に人気のトレーニングですよ♪

① 口を閉じた状態で、歯と唇の間に舌を入れて右回りにぐるりと20回まわします。
② 筋肉を内側から押して伸ばすようなイメージで動かし、ゆっくりと進めてください。
③ 逆回りもおこなってください。
これを1日3セットほど行えばOKです!最初は少しきつく感じると思うので、無理のない回数から始めてください。
マスクさえしていれば、オフィスでも実践できそうですね!

 

 

ほうれい線トレーニングその3:ペットボトルエクササイズ


しっかりと筋肉を鍛えたい人には、ペットボトルエクササイズがおすすめです。

① まずは500mlのペットボトルを用意し、水を100ml程度入れてください。
②このペットボトルを、口だけの力で持ち上げます。歯を使わず唇だけで咥えるのがポイントです。
③その状態を10秒キープし、3回繰り返してください。
これを1日2回程度行えばOKです。
慣れてきたら、徐々に水の量を増やして負荷を調整してみてくださいね。
ただし顎に違和感を感じた場合は、すぐに中止するようにしてください。

 

 

ほうれい線トレーニングその4:ベロ体操


頬の筋肉をキュッと引き上げるベロ体操も、人気のトレーニングの一つです。
首の筋肉も鍛えることができるので、二重あごにも効果が期待できます。

① 舌を鼻の頭につけるようなイメージでのばします。
② 次に右目につけるようなイメージで伸ばします。
③ 同様に左目にもつけるようなイメージで伸ばします。

それぞれ10回ずつ行い、1日5セット行ってください。
シンプルながらも、かなり筋肉が鍛えられているのを実感できるエクササイズです。

 

 

まとめ


ほうれい線を消すトレーニングはいかがでしたか?
エクササイズからマッサージまで、様々な方法があります。
ほうれい線ができる原因を理解したうえで、毎日継続してトレーニングを行うことが大切です。
無理のない範囲ではじめ、少しずつ回数を増やしたりしてみてくださいね。