もしかして、ほうれい線!?老け顔になる前にほうれい線を予防

最近なんだか口元が気になる…。それはもしかしたら、ほうれい線が目立ち始めているのかもしれません!
ほうれい線は、見た目年齢を5歳老けさせる女性の大敵です。

 

もしかして、ほうれい線!?老け顔になる前にほうれい線を予防


服装や髪型、アイメイクなど、どんなに他を頑張っても、口の横に線があるだけで一気に老けて見えてしまいます。
ほうれい線がくっきりと目立つ前に、シッカリと予防をして見た目年齢をキープしましょう♪

 

 

それ、ほうれい線の前兆かも?


ほうれい線というのは、口の横にできる線のことです。
ですが、赤ちゃんや若い人にでも口の横の線があることがありますし、笑うとほうれい線のようなものが出てくる、という人は多いのではないでしょうか?
このように普段は薄くて目立たない口の横の線は、ほうれい線と呼ばれることはありません。
一般的には、表情を変えなくても、それがくっきりと目立ってきた状態を「ほうれい線」と呼びます。

ほうれい線は、元々ある線が変化してくる状態のため、出来るまでに気付きづらいのも特徴です。
ある日気づいたら急にほうれい線が出来ていた!というような話もよく聞きますよね。
しかし、実際には気づいていないだけで、徐々にほうれい線が出来あがっていることがほとんどです。

特に「最近口元のファンデがよれやすくなってきた」と感じる人は、もしかしたら、ほうれい線ができる前兆かもしれません。
ほうれい線がくっきりとしてくることで、ファンデ−ションが溝に入り込んでしまいよれてしまいます。
そのため、よれが気になってくるということは、溝が深くなってきていると考えてよいでしょう。

 

 

ほうれい線ができる原因とは


ほうれい線ができるのには、さまざまな原因がありますが、皆さんもご存知の1番の原因は加齢によるたるみです。

年齢を重ねるにつれて、人間の顔の筋肉は衰えます。
肌を支えている筋肉が衰えると、脂肪が重力に負けて垂れてしまいます。
その結果、頬がブルドッグのようになり口元のほうれい線がくっきりとしてしまうんです。

また加齢以外にも、肌の乾燥や紫外線もほうれい線の原因になります。
肌が乾燥するとキメが乱れ、肌の弾力がなくなります。
柔らかさのない硬い肌は、シワができやすくなってしまい口元のシワも深くなってしまいます。

紫外線も、肌を老化させてしまう原因の一つです。
弾力をキープするのに大切なコラーゲンやエラスチンにダメージを与えてしまうので、シワができるともとに戻りづらくなります。
夏の紫外線対策はバッチリでも、それ以外の季節は….という人も多いのではないでしょうか?
紫外線は1年中降り注いでいるので、通年で日焼け対策をとる必要があります。

その他、むくみもほうれい線を目立たせる原因になりえます。
老廃物や余分な水分がたまると、それだけでも肌がたるみやすくなってしまいます。

ほうれい線は単に加齢だけが原因ではないので、様々な要因を考慮して予防を行う必要がありますね。

 

 

ほうれい線を予防する方法


ほうれい線の原因となる顔の筋肉の衰え。
その筋肉の衰えを予防するには、舌回しエクササイズがおすすめです。
顔の筋肉は他の部位に比べて効果が出やすいので、簡単なエクササイズを行うだけでOKです!

まず、口を閉じて、歯に沿うように舌を回してください。
ゆっくりと動かすのがポイントです。
右回りを20回、左周りを20回おこない、これを1日3セットほどやってみてください。
回数がつらい人は、無理をせずできる範囲で行ってください。

肌の状態が原因のほうれい線には、スキンケアの見直しが大切です。
乾燥や紫外線には、日焼け対策と保湿ケアを徹底して行いましょう。
特にヒアルロン酸などの保湿成分が使われている化粧品をつ買うのがおすすめです。

紫外線対策も重要ですが、毎日ガッツリ日焼け対策をするのは肌に負担がかかるので、外で遊ぶとき、少し外出する時で日焼け止めの種類を使い分けましょう。
日常で使うには、SPF・PAの数値が低くても大丈夫です。

むくみには、軽い運動や身体をあたためることが重要になってきます。
デスクワークをしているとどうしても運動不足になってしまうので、エスカレーターではなく階段を使ってみたり、ウォーキングをしてみたりと血流が良くなるように運動をしてみましょう。
シャワーで済ませている人は、ゆっくりとお風呂につかるようにするだけでもむくみが改善されますよ。

 

 

まとめ


見た目を老けさせるほうれい線は、しっかりとケアをすれば消すことができます。
軽いエクササイズやマッサージを行うだけでもOKなので、継続して行うようにしてみてくださいね!