一気に老け顔に?!産後の顔のくすみの原因と改善法

以前はそうでもなかったのに、産後にどうも顔のくすみが気になる…というママさんは、実はたくさんいます。
育児に家事とやることが多く、なかなかスキンケアに手が回らないということもあり、肌がなかなか元に戻らないということもあります。

 

一気に老け顔に?!産後の顔のくすみの原因と改善法


しっかりメイクをすることも減るので、より一層素肌の状態が気になってしまいますよね?
どうして産後には顔がくすんでしまうのでしょうか。その原因と改善方法を紹介していきます。

 

 

産後や妊娠中に顔がくすむ理由


産後のくすみの原因は、ホルモンバランスの乱れとストレスが大きな要因となっています。
妊娠期に増えていた女性ホルモンは、産後一気に通常の量に戻ります。
急激にホルモンバランスが崩れることで、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質がドンドンたまりくすみへとつながってしまいます。

また産後は、睡眠不足や精神・肉体的負担など何かとストレスがかかることが多いです。
ストレスがかかってしまうと全身の血の巡りが悪くなり、血行不良からくるくすみが悪化してしまうんです。
子育てをしているとどうしても避けられないことではありますが、お肌の調子が悪いとそれだけでもストレスになってしまいそうですね・・・

 

 

産後によくあるくすみのタイプ


妊娠中や産後はメラニン色素が活発に作られてしまいます。
そのため、紫外線対策をきちんと行っていないといつも以上にシミなどのトラブルが発生しやすいです。
肌のターンオーバーも乱れてしまい、シミが消えないままメラニンが沈着してしまい、メラニンくすみになってしまうこともあります。

また血行不良くすみになることもかなり多いです。
産後はほとんど運動をせず、湯船につからずシャワーで済ますことも多くなります。
それにプラス睡眠時間が短くなったりと生活が乱れ、結果として血行不良がひどくなります。
肌が青っぽくくすんでしまったり、目元にくまもできてしまう可能性が高いです。

 

 

産後くすみを改善するには


まずはどのような肌トラブルにでも有効な、保湿ケアを優先して行ってください。
肌が乾燥すると、外からの刺激に敏感になりやすいです。
肌のバリア機能をキープするためにも、シンプルながらもしっかりと保湿ケアができるような製品を使うのがおすすめです。

次に紫外線対策です。
産後はほとんど家にいることが多く、紫外線を気にしない人も多いのではないでしょうか?
ですが、紫外線は家にいても入ってきます。室内にいるからといって気を抜かないようにしましょう。
洗濯物を干したりごみを出したりするちょっとした時間でも、紫外線は容赦なく攻撃をしてくるので日焼け止めを忘れないでくださいね!

最後に、毎日の食生活を見直してください。
栄養バランスの良い食事をとることで、肌の回復力がアップします。
良質なたんぱく質やビタミンCを積極的にとるようにしましょう。

そうはいっても産後で時間がない!という人は、サプリメントをうまく活用してみるのもおすすめです。
ただし、母乳を通して赤ちゃんに影響を及ぼす場合もあるので、サプリメントを選ぶ際には注意書きをしっかりと確認するようにしてください。

 

 

まとめ


産後の忙しさから、どうしてもスキンケアは後回しになってしまいます。
ですが、出産前に比べて素肌でいることも多くなるので、すっぴん美肌をキープするのが重要になってきます。
すっぴんがきれいだと、メイクにかける時間も減るので一石二鳥です!
時間を割けないということは重々承知なので、時短でサッとケアできるような商品を活用して、透明感のある美肌を目指しましょう!
あまりストレスとためすぎないように、家族の協力を得ながら子育てにスキンケアと頑張ってみてくださいね。