黒っぽい顔のくすみ、黒ずみの原因と改善法

黄色く見えるくすみや青く見えるくすみ、赤いくすみなどくすみには様々な種類があります。
その中でも顔全体が暗い印象になってしまう黒く見えるくすみは、見た目を一気に老けさせてしまう要因になります。

 

黒っぽい顔のくすみ、黒ずみの原因と改善法


この黒く見えるくすみは、どういった原因で起こるのでしょうか?
今回は原因に合わせて、どのような改善法をとればいいのかをご紹介していきます。

 

 

顔が黒っぽく見える黒くすみとは?


黒くすみの大きな原因は2つあるといわれています。
角質ぐすみとメラニンぐすみの2種類です。
自分の黒くすみの原因がどちらであるかを理解し、それに合わせた対策をとるのが大切になってきます。

 

 

角質ぐすみ


肌がゴワついていたりザラザラしている場合は、角質が原因のくすみの可能性が高いです。
肌は本来、約28日の周期で生まれ変わるようになっています。
ターンオーバーが正常だと、古い角質が剥がれ落ち、常に新鮮な皮膚が表に出るようになっています。

ですがこのターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質がドンドンたまっていき厚い層を作ります。
この古い角質は薄く色づいているため、重なることで顔全体が黒く見えてしまうのです。

また、くすみ以外の肌トラブルも引き起こしてしまうことがあります。
顔の上にいらないものが徐々に積み重なっていくと考えると、なんだか恐ろしいですね。

 

 

メラニンくすみ


紫外線対策をしっかり行っていなかったり、日焼けを頻繁にする人は、メラニンくすみの場合が多いです。
紫外線のダメージにより、肌ではメラニンが大量に作られてしまいます。
本来は肌のターンオーバーに合わせてうまく排出されていきますが、それも追いつかないほどになってくると、メラニンが沈着し黒くなってしまいます。
顔全体をくすませるだけではなく、シミやそばかすの原因にもつながっていきます。

夏はしっかり紫外線対策をしている!という人も多いですが、強弱はあっても、紫外線は1年中出ています。
ピーク時にだけ対策をしていても、それ以外の時期で紫外線を浴びてしまったら意味がありません。
紫外線対策は一年中行うよう心がけましょう。

 

 

黒くすみの改善法


角質くすみの場合は、ターンオーバーを整えてあげることが重要になってきます。
そのためにもまずは、古い角質を取り除くようなケアが必要です。
ピーリング系のコスメを使って角質ケアを行いましょう。
毎日使える洗顔タイプのものから、ふき取り化粧水、ジェルタイプのものまで様々な商品があります。
また、通常の洗顔にプラスアルファをして、スクラブ洗顔を行ってみるのも効果的です。

たくさんやればその分効果が出ると思いがちですが、ピーリングは週2回ほどにとどめておくようにしてください。
また、ピーリング後はしっかりと保湿ケアを行いましょう。
ピーリングをやりすぎると、肌が薄くなってしまうので気をつけてくださいね。

メラニンくすみには、美白ケアが重要になっていきます。
ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどの美白成分が入った化粧品を選ぶようにしてください。
また、より高い効果を求めるのであれば、医療機関で美白剤の処方を受けるのも一つの手になります。
ハイドノキノンやレチノイン酸などの成分が含まれていて、市販のものよりは効果が高くなっています。

 

 

まとめ


黒くすみに悩んでいる人は、自分のくすみの原因が何なのかわかりましたか?
とにかく何でも試してみるのではなく、原因を把握したうえで効率よくケアをするようにしましょう。
どちらも心当たりがあるという人は、両方の改善策を試してみてくださいね。

美肌への道は長いですが、毎日しっかりとケアをしていれば必ず効果が出ます。
すっぴんでもOKな状態を目指して、黒くすみケアをしてみてください!