肌のケアだけでは足りない!?顔のくすみを根本的に解消するには

顔のくすみ対策はバッチリ、しっかりスキンケアをしているという方!本当に対策できていますか?
実はスキンケアだけでは、顔のくすみを解消できていない可能性があります。
なぜなら、くすみには様々な原因があり、中にはスキンケアだけでは改善されないくすみもあるからです。

 

肌のケアだけでは足りない!?顔のくすみを根本的に解消するには

まずは、自分のくすみの原因が何かを知り、それに合わせた対策をとるようにしましょう。

 

 

肌のお手入れだけで済ませていない?くすみの意外な原因


くすみには様々な原因がありますが、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質がたまることも、くすみにつながります。
他にも、紫外線の影響でメラニンが増え、くすみの原因になったりと色々なパターンがあります。
そして、くすみは外的な要因が多いように思いますが、実は血行不良や糖化がくすみの原因となる場合もあります。

まず血行不良のくすみ。
顔の皮膚は体に比べると薄く、血管が透けて見えてしまいます。
そのため、血の巡りが悪いと肌が青黒く見えてしまうのです。

また、肌全体が黄色くくすんでいる場合は、糖化が関係している可能性があります。
過剰に糖を摂取すると体が糖を消化しきれず、たんぱく質や脂質と結びつき糖化生成物を作り出してしまいます。
この物質が厄介で、肌全体を黄色くくすませてしまいます。

このことからわかるように、くすみの原因には食生活などの生活習慣も大きく関係してきます。

 

 

血行不良を改善してくすみを解消


血の巡りを良くするには、適度な運動や入浴、マッサージがおすすめです。
日ごろ運動をしないという方は、まずウォーキングやストレッチなどの軽い運動から始めてみてください。
電車に乗っているときに、座らずに立ったままお腹に力を入れて姿勢をキープするといった小さな運動もおすすめです。

マッサージが面倒だなという方は、まずは半身浴から挑戦しましょう。
血行を促進するには、副交感神経を刺激することが重要になっていきます。
38℃~40℃ほどの温度のお湯に、ゆっくりと使ってリラックスをしましょう。
ラベンダーなどのエッセンシャルオイルを入れてみるのもおすすめです。
体全体の血行を良くすれば、顔のくすみにも効果がありますよ。

 

 

食事を見直して体の中からくすみを解消


糖化を抑えるためには、食べ物の種類と食べ方に注意をしましょう。
ケーキや菓子パンといった甘いものや動物性食品、炭水化物は糖化を促すといわれています。
これらの食材をできるだけ減らした食生活を送ってください。

また、食べる順番も重要です。
最初にご飯などの炭水化物を食べると、血糖値が一気に高くなってしまいます。
食物繊維を含む野菜や海藻を食べれば、糖質の吸収を抑えることができます。
白米やパンからがっつくのではなく、まずはサラダなどを食べるようにしましょう。

また合わせて糖化対策に効果がある食材を、積極的に食べるようにしてください。
ショウガやキャベツなどがおすすめです。
食材を気にするなんて面倒だという場合は、サプリメントをうまく活用するのがいいかもしれません。
ビタミンCやカルノシン、クエン酸などが含まれているサプリをチェックしてみてくださいね。

 

 

まとめ


くすみの根本的解消には、スキンケア以外にも必要なことがたくさんありましたね。
食生活をがらりと変えることは、なかなか難しいです。
一気に変えようとすると間違いなく続かないので、少しづつ意識をしていくようにしましょう。
まずは朝食だけ、プラスオンで効果のある食材を入れるなど、無理なく生活に取り入れていくのがコツです。

入浴に関しては、顔のくすみだけではなく体全体の血のめぐりに効果があるので、優先的に試してみてください。
冷え知らずの体を作り、くすみ解消&健康的な体作りを目指してください!